やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

忙しい、ZWIFTしたい

f:id:yasaguredaren:20210731072424j:image

先月からもうずっと左膝が痛い。運動中ではなく日常生活において、痛い。座っていて立ち上がるときにズキンとくる。階段を降りるとき、体重を支える瞬間に鈍い痛みがくる。

膝が痛いときはZWIFT。なかなかタフなコースを、チャットしながらグイグイ回す。臀筋やももの裏の筋肉。外でこの強度はなかなか難しい。サーキットでも行かないと。

 

ZWIFTのことを書きたい、だけれども書くことが悪いような気がしてなかなか書けないでいる。なかなかZWIFTできなくて、忙しい中でその隙間時間でZWIFTできる喜びに任せて色々と書き連ねたいのに、何だか悪いような気がして書けない。

何に対してか。色々と、だ。

我慢している人がたくさんいて、一方でピカピカのメダルをもらって嬉しそうな若者が大写しになった瞬間に、画面をEテレに変える。楽しそうにしやがって。

オリンピックとかじゃない。自分がうまく行かないときに、楽しそうにしているやつを目にすると無性に腹が立つ。離れるのがいい。テレビはつけない。ニュース記事も選ぶ。

 

ここに来て首都圏の感染者数がまた増えてきて、自分の手掛けてきた仕事のひとつも大転換を余儀なくされている。

分析屋の私は一方で、サミット的なものに各社の社長様をお招きしている。この情勢から今年もリモートのご検討を、という話をしたが、各社営業の立場からすると社長の前でのプレゼンは一世一代の檜の舞台。各社とも「ぜひ対面で!」という。そこをもう一度、検討するように促している。うちが決める事ができない制約が憎い。まあどうせうちだって対面をキメるだろうけれど。

 

サミットの性質上、リモートは難しいし、社長や取締役たちが個室でオンラインなんて無理だ。会議室に集まって協議しながらのサミットは、ハウリングが酷くてアシスタントや営業担当者も難儀だろう。

「(聞こえませーん、ミュートでーす)」「このボタンを押してからお話しください」「ミュートにしてください」

 

実地参加の方針に対して社長室や秘書室が抵抗して社内調整が大変だ、という。それはそうだ。行かせたくないよな。もっともだ。

誰もが知っている大企業の社長様、場合によってはグループ数社の社長様が1時間のコマに御顔を揃えてくださる奇跡。それを1ヶ月に渡って私と二十数社とでスケジュール調整してきたのに、それがご破産になりつつある。私がスポーツニュースに苛つくのはそこである。オリンピックと感染拡大に直接の関係は無いだろう。(有観客だったらヤバかっただろうなとは思う。プロ野球やサッカーは知らん。)

各社とも営業部門は社長を連れ出したい。バックオフィスとしては絶対に出したくない。私はもうどっちでもいい。うちの社長たちのスケジュール調整はアシスタントの方々が有能過ぎて感謝しかない。つまり私は社内については大して苦労していない。もうどうでもいい。

VIPはもう本当に分刻みのスケジュールで、1年後までスケジュールがビッシリ埋まっている。各社営業部門が「御社のために」と嘯いて(さらには「エンドユーザーのため」と言いつつ自分たち営業部門の手柄を立てるためでもある。)、社長室と社内交渉してコロナ禍の東京で社長をアルファードに乗せて走る。営業たちのウキウキしている様子が目に浮かぶ。期末のスペシャルパフォーマンスボーナスを手にするために。

大企業の社長の人権とは何か。コロナのリスクに浸からされる神輿の悲哀。

双方の社長の前で顧客にプレゼンする機会なんて、なかなか無いだろう。会社も営業担当たちも、大きな利益を手にするチャンス。欲の前に倫理観は萎んで、言葉だけのリスクヘッジが独り歩きする。うちのレピュテーションリスクは、どうしよう。

いいや、もう考えることを止めよう。もう知らんがな。人のせいにしておけばいい。責任を取るやつはバカだ。うまいことやればいい。しかし誰のせいにしたらいいのか。関係者はみんな、私のせいにするのだろう。悲しいね、バナージ。

 

私は思い出す。『貝になりたい』のラストを思い出す。はたまた『壬生義士伝』を思い出す。私はただZWIFTをしたいのだ。ZWIFTの時間を失わないように、適度に適当にやればいい。そう決めた。

 

荒サイの新?コースを走る

友人知人のキャッキャウフフな写真が回ってきた。聞けば荒川中流域の左岸、彩湖から上流にちょっと行ったところに新しい道ができたのだという。彩湖の先なんてもう何年も行っていない。いつできたのかは知らない。

羽根倉橋東の交差点を北に渡る。いつもなら斜め左へ、草むらの中をモータースクールの方へ下っていくところ。信号機の難易度が非常に高いあの交差点に新しい道の入口ができていて、私はZWIFTをリアル体験したようで少し胸が踊った。(ZWIFTで新コースを走るときがこの気分だ。)

この日、ここに着いた時点で午4時50分。育児中の私に残された時間は少ない。前を行くローディを追って私はペダルを踏んだ。f:id:yasaguredaren:20210725191308j:image

 

新コースに入って右を見ると、昇り始めた朝日が見えた。夜が明けた。焦る。帰路を考えなければ。帰りたくない。焦る。娘が起きてしまう。

日が昇ると本当に焦る。今はまだ夏の盛りだから良いけれど、日照時間の短い冬は時間切れ=子育てサイクリストとしては『死』を意味する。子供が起き出してパートナーに多大な迷惑をかけてしまう。
f:id:yasaguredaren:20210725191340j:image

 

なんと、こんなに綺麗な道ができている。もう、見通しの悪い直角カーブや砂利に神経を擦り減らしたり、少年野球の子供たちや保護者と譲り合うコミュニケーションは必要ない。竹やぶの根っこでボコボコの路面や、吹きっさらしの田畑を縫って進むガダガタな道を行くこともない。
f:id:yasaguredaren:20210725191400j:image

 

左手に見えるあれが治水橋と言われれば、たしかにそうだ。アンモータースクールや警察の機動センターのこの通りを車で何度も走った。サイクリストで治水橋をちゃんと見たり渡ったりしたことのある人は少ないのではないだろうか。

そういえばあの橋の下は風が吹くとグラウンドの土埃がひどい。

(風が強いといつも『桶屋がボーカル』という某コントの一部分を思い出す。オンバトあたりから好きになってDVDはだいたい見た。)

あの辺りは道もそれほど良くないし、車もそこそこ走る。それと稀に「カツーン!」とゴルフボールが落ちてくる。あれは本当に心臓に悪い。
f:id:yasaguredaren:20210725191414j:image

 

台風の被害で店じまいしたらしいVAIAなどがあった森を横目に、JR川越線の踏切まで来た。ここで時間切れ、撤収。楽しかった。本当に懐かしかった。

子供が産まれた2016年以来、この辺りまで走った記憶がない。いや、もしかすると一度だけあったかな。午前3時起きのダブルヘッダー。友人知人との忘年ライドをはしごしたときだ。彩湖新砂→物見山→越生→自宅まで230kmを走ったあのときか。懐かしい。あれはいつだったか。
f:id:yasaguredaren:20210725191429j:image

 

夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。夏。
f:id:yasaguredaren:20210725191439j:image

朝6時半に帰宅。娘は爆睡していた。

ひさしぶりに楽しかった。新しい道は気分がアガる。本当に楽しかった。

友人の快復を願う

f:id:yasaguredaren:20210723075607j:image

午前5時半頃の東の空。太陽がもうこんなに高く昇ってしまって、すでに暑い。

羽虫がたくさん翔んで、場所によっては蜘蛛の糸。夏は走りづらいな。って毎年書いている気がする。

 

**********

 

キャリアメールを使わなくなって何年も経つ。学生時代から様子がおかしかった友人は、社会人になってから急激に悪化してコミュニケーションが完全に成り立たなくなった。

優しくておっとりした性格の、あの頃のテイストのままに送られてくるメールは無理やり前向きに解釈すれば、少女漫画的な色恋にまどろむ乙女のようであった。しかしあれは内容が支離滅裂で真似しようとしても絶対に無理。

私たち大学の同期にちょくちょく送られてきたメールは独特の意味の分からなさ。それなりの長文はとにかく難解で、陳腐な表現ならホラー、現実的にいえばご家族のご苦労が忍ばれた。

例えていうなら縄文時代のキリンが北極圏でお腹を空かせているので餌をやるついでに原子爆弾をリュックに入れてサッカーワールドカップは隣に✕✕大学の●●君がいたからすごく楽しかったよ、やさぐれくんも今度一緒にホットケーキと冷蔵庫作りの課題やろうね!みたいなのが送られてくる。

だめだ。これでは伝わらない。私が書くとそれなりのストーリーというか論旨展開が生じてしまう。メールが来なくなって久しいが、風の噂では彼女は障害者手帳が発行されて、ときどきは一般的に正しいことを口にしながら、作業所に通っているとのこと。快癒を願う。

 

**********

 

不整脈が出なくなった。運動のおかげ?ストレスとの付き合い方がうまくなった?厭世家ではあるが、言うほど不満がない。心に動きがなくなって、淡々と過ごしている。

水は低きに流れるもの

「"アベレージ"はどんどんクビになる」

マッキンゼー時代を振り返っての勝間さんの言葉。分かる。(ここでは宗教戦争はしない。)

数字はもちろんだが、同僚と戦うというよりは今までの自分と伍して、予算に対して常に新しいアプローチを試みる。新しいツールを試して効率化を図る。常に問題意識を持ち、新解釈を試みる。

そのうえで数字を出す。どの職責も数字だけではだめ、結果へのプロセスも重視される。そうでないと査定が落ちる。収入が伸びない、なんなら落ちていく。最終的には職を失うという「恥」の恐怖。まもなく中間査定。

 

入れ替わりの激しい今のチームに来て最初の上司の方が言っていたのが 

「要求がないと、水は低きに流れるもの。常に自分を律しましょう。」

という言葉。

この言葉はあるとき恣意的な資料を作成した私に送られてきたメールの一文である。営業の交渉の行方を自分の思う方向に誘導したかった私は、割と真面目に反省した。

そのとき上司の方から共有されたリンクを貼 っておく。Tableauによる各種チャートのギャラリーだ。このブログの読者には一定の需要があるはず。

スマホにも対応しているがPCのほうが見やすい。ページ自体は2018年のもので鮮度は落ちるものの、キャリア変更で戦略コンサルに興味を持っている人にはきっと役に立つだろう。

 

目立たないのが良い。トップとビリは絶対に避ける。そこそこの実績を淡々と積み上げて、安定感と信頼だけを醸成するのが良い。いつの間にやらミドルになった私の職場での生き残り方。

「アベレージ」という考え方でいえば、優秀な人が入れ代わり立ち代わりやってくる中で、そういったアイデンティティでなんとかやってこれている僥倖。

ただし、最低限の現状維持には、それはそれで相応の努力が必要ではある。それがキツい。生きることへのモチベーションを持たない自分にある種のだらしなさを認めつつも、すべての物事に「めんどくせえ」と呟いてしまう私は人生消化試合をモットーにして生きていこうか。何もしたくないんだ。矛盾は認める。

頑張るのは疲れる。私が頑張るとろくなことにならない。ハドル。スクラム。タッチベース。電話。集計・分析作業。適度に、適当に。

 

仕事と家事育児オペレーションで毎日が目まぐるしく、あっという間に過ぎていく。すりこぎ。馬車馬。もはや徒労感を覚えることもなく、のたのたと終わりに向かってゾンビのように歩みを続けている。

拝啓 佐伯先生

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」


先生に叱られて心の中で「うるせぇ」 と言い返してから25年が経ちます。 まだ生きていらっしゃいますか?

「お前の行く末が心配じゃ。 お前の人生だろうに、 なんでもっと真剣に取り組まないんじゃ?」
高校2年に上がるとき 私を職員室に呼び出しましたね。
「ここは県立高校だし、 進級だけはさせてやるが」
と切り出した先生は、いつもの奥様御手製のジャケットを羽織っていらっしゃっていました。その愛妻家の面に加えて、一人称の 「儂」が団塊世代のユーモアと相まって、私以外の生徒に人気でしたね。

そんな先生は私のことをいつも目の敵にして叱りつけてきました。 無気力で怠惰だった私は若者らしい大それた志もなく、成績表がどの科目も絶対評価の10段階で3を並べる劣等生でした。
生活態度を毎日注意されていた私はいつも「うるせえ爺さんだな、しつこいな。」とか、 それくらいにしか思っていませんでした。

あの日、「儂はもう定年だが嘱託でこの学校に残る。 もしお前が大学進学を考えているのなら、放課後の儂の補講に来い。」 とおっしゃいました。
あのバカ校から密かに難関大学進学を志していた私は先生の言葉に耳を貸すことなく、職員室を辞しました。

ところで先生は覚えていますか?
あの時、 私の学年にはもう2人、変わり者がいましたね。 なかなかの知性を持った変わり者の男子と女子。 どちらも卒業以来会っていませんが、今では2人とも立派な社会人となりましたよ。
化学が好きで鉄緑会にも潜り込んでいた柱谷。放課後の空き教室で私たち進学希望者に混成軌道論をレクチャーしていた柱谷は、北大に進んで考古学を専攻するはずが東北大を経て、今では一線級のデータサイエンティストとして活躍しています。ググると彼の インタビュー記事がわんさか引っかかります。
そして国語で常に学年トップ、 古文オタクだった沢はお茶の水女子大の院を出て、平安文学の研究者になりました。あの猫背で愛用のグラスフルートを大事そうに抱えていたあいつは今、テレビにも出ていて、大人になったあいつをYou Tubeで見ることができます。

※そういえば沢と私は高校入試の受験番号が連番で、 面接官が佐伯先生でしたね。
※私は母に吹き込まれた通り、両親の方針を 「質素・勤勉・誠実」と話したら先生はニヤニ ヤしていました。 この言葉のルーツをご存知だったのですね。
※入学後、 沢の友人で当時の私の彼女から 「学力的にマッチしていた女子校が嫌で (わざわざランクを落として) この高校に来た」と聞きました。 股聞きですが、 それが本当なら沢らしいエピソードですね。

あの日、高校一年三学期の最後の日。先生に言いたい放題言われた私は腹が立って、その後すぐに、真面目に受験勉強に打ち込みました。高校受験の問題集を買って中学レベルから勉強をやり直しました。そして最終的に先生と同じ大学に進むことができました。
進級後、いつだったか、廊下に貼られた偏差値ランキングを眺めていた私を見つけて声をかけてきましたね。上の方しか見ていない私に気付いたのか、
「儂はここの英文科を出とるんじゃ。この大学は楽しかったぞ。お前もどうじゃ?」
あれは嬉しかったですよ。お前には無理だなんて言うどころか、勧めてきましたね。

素直になれなかった私は室生犀星を気取って、 合格の報告には行きませんでした。 私よりも勉強ができないくせに、受験勉強の邪魔をする教師たち。彼らを憎んでいた当時の私は、 平々凡々で何の特徴もない出身高校に唾を吐く思いで卒業しました。浪人して報告するチャンスも無くしました。

社会人となった私は柱谷や沢と違って、名前をググってもさっぱり引っかかりません。でも、人と比べることに意味はありませんね。結果として私は先生と同じ大学に進みました。先生に対してはもう、それで十分かと思います。
もう会うこともないでしょう。それでも堕落していた私を信じて本気で叱り続けてくれた先生に、大学合格の報告はしておくべきだったかな、と悔やんでおります。

先生、俺、大学に合格したよ。高2から3年間猛勉強して先生と同じ大学に進んだよ。ドラゴン桜シーズン2の藤井くんみたいだけど、こんな文句ばかりのやさぐれたブログ書いているけど、一応は真っ当な会社員をやってるよ!

実走でやさぐれデトックス

朝4時スタートで2時間弱の実走。ひさしぶりに彩湖へ。

f:id:yasaguredaren:20210718081255j:image

メッキのロゴが格好良すぎる。このチネリのクロモリフレーム、たったの10万円。たしか2kgくらいというクロモリらしい安定感重さ。BBの高さも乗っていて心地良い。(色弱の私は青と紫の違いは分からない。)

 

ZWIFTばかりやっていると外で乗るのに何をどうしたらいいか、いちいち思い出さなければならない。何というか我ながら嘘のような本当の話である。コロナ禍でこの1年半は滅多に外を走らなくなったため、準備に手間取る。

まず前の日のうちに、前後のライトを充電しておかなければいけない。

次に、前後のタイヤに空気を入れておかなければ。月に一度の頻度でしか使わないため、外用のタイヤ(ホイール)は当然ゼロbar。

インフレーターやボトルを用意して、羊羹やらアクエリアスやらも朝すぐに持ち出せるように、取り出しやすいところに置いておく。ウェアも前の晩に用意しておく。

こういった準備は前の晩に済ませておく。朝の3時にやることではない。娘が起きだしたらライドの計画は全てご破産。

あとはうっすら積もったホコリを拭いてやったり、カピカピに乾いたチェーンにオイルを挿してやったりすればいいけれど、共働き夫婦の貴重な週末は溜まりまくった家事育児オペレーションや娘の面倒に費やされる。育児中の人間が日中にやるのは至難の業。

その中から10分をひねり出して、ひさしぶりにバーテープを交換。愛用しているヨネックスのグリップテープ。安価で扱いも楽なため、数年間愛用している。おすすめ。(だいたいバーテープが3,000円超とか本当にビビる。)

 

短時間でも外を走れてすっきりした。帰宅してから宅内のラックに収納するまでもウェットティッシュで泥や砂を拭き取ったりとか本当に手間だけど、実走いいね。

最近はボストンコンサルティンググループが残していった負の遺産と戦う日々で、本当にイラついていた。でも今日は悪口が出てこない。実走いいね。実走めんどくさいけどたまにはいいね。

 

日が昇ったらもうアウト

f:id:yasaguredaren:20210717150720j:image

週末恒例のロングジョグ。朝4時スタート。梅雨が明けたそうで、すでに暑い。なんだこりゃ。

案の定、日が昇った5時半以降はジリジリと焦げる感覚。次はスタートをもっと前倒しにしないといけないな。

ご覧の通り、多忙の極みで平日はほとんど走れていない。娘が熱やらひどい咳やらで朝も全然走れなかった。いくら娘のことが嫌いでも、体調不良なのを放置して外出するほど人でなしではないつもり。


f:id:yasaguredaren:20210717150729j:image

当然、保育園もお休み。保育園に退屈している娘はゲホゲホ言いながら大喜び。You Tube見ていていいから仕事の邪魔をしないでくれ。頼むから。もう勘弁してくれ。

 

ラソンを始めて8ヶ月が経過した。そろそろ飽きてきた。新鮮味がなくなり、平日朝の意識高い感も失われた今、体質改善が順調でこれ以上走る理由がない。

ちょうど一足目のテンポネクスト%を履き潰したところでもあるし、自転車の実走を復活させることにした。

*テンポネクスト%はエアポッドのあたりのソールが破け始めて、エアポッドが露出し始めた。そういえば買った当初の反発感というか跳ねる感覚、クッション性も相当死んでるな。

 

 

バッグからホイールを引っ張り出したらタイヤにたくさんのシミ。なんだこりゃ?
f:id:yasaguredaren:20210717150742j:image

タイヤからシーラントが滲み出している?タイヤが寿命を迎えたということか。前輪は全く問題なさそうなんだけどな。