やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

アドバイスに愚直に応える

荒川の戸田市にある笹目橋。定点観測。
f:id:yasaguredaren:20210605095558j:image

職場の全日本ランカーからもらったアドバイスに従って、週末は20km走をすることにしている。そして月に一度の30km走は記録会やスポーツジムのトレッドミルを利用する。

f:id:yasaguredaren:20210605101025j:image

「サブ4が目標なら、やさぐれさんはもう速く走る必要はないです。長距離に耐えうる脚作りをしましょう。必要なスピードは後からついてきます。」

この春で新卒2年目となった若者はそのようにアドバイスをくれた。初マラソンでいきなりサブ3。PBは古河はなももだか別大だかで2時間XX分。才能。適性。素質。

※まったく、プロか。もはや走る広告塔。それでいて立派な大学をきちんと卒業して、学部新卒1年目の途中でいきなりうちのチームにジョイン。文武両道のエリート。ここまで突き抜けられてしまうと、もはや嫉妬さえ湧かない。語学力は知らないけどとりあえず優秀過ぎる彼は先日、経営企画にピックされてチームを去ってしまった。うちのチームだって一応は選りすぐりなんだが。自分で書くのもみっともなくて嫌だが。

そんな、金を払うべきであろうセミプロからの有用なアドバイスに私は愚直に従っている。
f:id:yasaguredaren:20210605095633j:image

先日書いた私が大嫌いな意識高い系アラフォーにあるあるなのが、助言を乞うておきながら実践しないこと。助言をもらった瞬間がピーク。「ボクもやってみます!」ととびっきりの笑顔で答えて、絶対にやらない。それでいてSNSで我が事として「これやります宣言」をアップしたりするから腹が立つ。

この人たちは総じて、他人が勧めた本など1ミリだって読みもしない。おそらく手にも取らない。耳当たりが良くて易しい(優しい)自己啓発本に逃げる。

お前らそういうところだぞ。お前らそもそもバカな上に読書量が圧倒的に少ないんだからさ、やってみればいいのにただなんとなくやらない。もらったアドバイスを無駄に捨てる。だからいつまでたってもアホなんだよ、ボクちゃんなんだよ。せいぜい頑張ってよ、ボクちゃん。頑張って。

 

「早速やってみる! 動き出さなきゃ何も始まらない!」

って、いつも立派な目標を掲げるだけ。良いのは威勢だけ。肝心の目的がはっきりしないし、そもそも本気じゃないんだよな。君は一体どこを目指してるんだよ?何になりたいんだよ?

そのままダラダラ生きていくのは全然悪いことじゃない。身の丈に合った生き方は楽だし、とても良いことだ。なぜそうしないのか理解に苦しむ。ここじゃないどこかって、それは一体どこで、何のために目指すのか。

自戒を込めて。

 

**********

 

f:id:yasaguredaren:20210605101100j:image

この1週間走りすぎた。仕事も育児もすごくイライラした結果が、これ。誰か助けてよ。代わってよ。人生にもう疲れたんだ。

 

**********

 

と書いたのが先週。

結局、今週もそこそこ走ってしまった。イライラするんだ。f:id:yasaguredaren:20210612070515j:image

 

もうずっと、うつで悩んでいる方のブログをいくつも拝読している。早く良くなってほしいなんて1ミリも思わない。みなさん本当に真面目な人たちで、ただただ、こういう素晴らしい人たちは報われてほしい、私と違って生きているだけで価値があるんだなと思うだけ。

ブログを更新しているうちは元気だから全然心配ない。更新が止まったときが気になるかな。寛解したのか、あるいは。ローン組んでロードバイク買う、そのためにも就職活動頑張る/辞めずに続けたいと頑張っていた方、元気にやっているといいのだが。

 

うつの方々のブログを見ていると、心療内科に何ヶ月も行かされた私は絶対に絶対に絶対に健康だったと確信する。心身のうち、身は不健康でも心は絶好調だったと、自分のブログ記事を読み返してみて強く思う。

 

※このブログ読者・訪問者はみんなページ滞在時間がそれなりに長い。平均滞在5分とかザラである。もう本当にみんなヒマだなというか、いつも最初から最後まで読んでくださっているということに支えられている。

昔よくいた「読まずに最下段までスクロールしてスターを3回押して離脱」するクソアフィリエイターがいなくなったのは清々しい。3回押す理由は謎。

私は私であるために、いつも私のために書いている。ここはデスノートであり、ロバの耳と叫ぶ穴。

 

**********

 

19年の春よりも20年の春よりも、今年の春は超絶にまずい。更新頻度もおかしいし、文句しか書いていない。内容がいわゆる「人」としておかしい。「私」としては至極真っ当だが、ZWIFTとマラソンしてなかったら非常にまずい。

 

2019年春に脳の問題で半年間の休職に追い込まれた結果、原因となった娘の面倒を見る時間が増えるという地獄。ZWIFTがなかったら即死だった。

自分のミスによる落車・交通事故で後遺症とかというわけでもなく、娘の世話にワンオペでまじめにやってきた結果として一時は「もう外で自転車には乗れない」となり、ロードバイクとかローラー台とかマンション最上階から投げ捨てて、自分も投げ捨てるところだった。冗談抜きに、本当に死ぬところだった。

病院に来てくれた人のうち、一部の友人・同僚とZWIFTには感謝しかない。(そして今はランニングに感謝。)

 

うつで苦しんでいる方々は私がZWIFT中毒だったように、せっかくの休みなんだから好きなことをして過ごせばいい。あなたは病気なのだ。元気になるための特効薬として、好きなことだけをしてればいい。

というか嫌なことは1Åもしなくていい。朝から晩まで好きなことだけをしていれば良い。それについて誰からも責められる筋合いはない。一日中寝ていたっていいし、コロナとか関係なく行きたいところに行って、食べたいものを食べて、やりたいことだけをやるんだ。家族のことなんて放っておけばいい。

傍から見れば最高だけど、だからこそ辛いよね。何をしたって楽しくなんかないんだから。それが周りには分からないのが辛いよね。いいんだよ。あなたは病気なのだ。働けないのだ。いつか良くなったらまた適度に働けばいいんだ。そのいつかがいつなのか見えない、誰にも分からない。それだけのことだ。

 

安全地帯から無責任に書いたが、うつ未遂?の人間として書かずにいられなかった。周りから何を言われても「うるせえバーカ、バーカバーカ」の一択だ。地獄を見て開き直った人は強い。

社内で営業にネゴシエーションのサポートをしているけれど、なんなら相手がやられたくないことをチラつかせながら生きていけばいい。真面目で優しいあなたがやられてきたように。相手はそれを知っていて意地悪をする。卑怯者め。あなたも少しは卑怯になっていい。あなたはちっとも悪くない。自分を守ることだけ考えればいい。

 

人生は交渉の連続で、交渉に負けると生き辛い。勝ち負けにこだわり続けるのは疲れるけれど、それが社会人だと思っている。だから頭の中がお花畑な、バカ一辺倒なアラフォーのパパママを見るとイライラするよね。

『べき論』を捨てると楽になるのは知っている。それをしないのは人生に対する私の矜持。Must・ShouldよりMayが好ましいのは百も承知。

 

人生に終止符を打つことはいつだってできる。まあやりたいことが今生からの旅立ちなのだとしたら、それは止めるべくもない。ご自分の人生だ。好きにすればいい。周りのことは気にしない。気にしたところで希死念慮というか、自分の背中を自殺に向かって突き飛ばすだけだ。

キツいのは心が弱っていると、どんな批判も正論に聞こえて苦しくなるところか。百歩譲って今のあなたは正しい判断ができていないのだとしても、それはあなたが今だけはちょっと調子が悪いからであり、それを責められる筋合いは一切ない。絶対に無理かもしれないけど心を強く持つこと。まあそれができたら苦労もないのだけど。

少しずつ成功体験を積んで、自信と自己愛の根拠を持てるといい。

 

**********

 

さて、サーキュレーターがPCラックから落ちて壊れてしまった。ますます暑くなるので当然、買い替える。
f:id:yasaguredaren:20210611112557j:image

風速40メートルを室内に再現しよう。拙宅にHOSもバビロンプロジェクトの方舟もないのだから。