やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

ランニングクリールを読み漁る

ランニングクリールのバックナンバーを読み漁っている。主に持久力アップの特集。ランニングクリールは以前にも触れた。文章が長いし下手で読みづらいが、内容自体はいつも興味深い。

自転車もマラソンエンデュランス系スポーツとしてポイントは一緒、持久力だと思っている。VO2maxと乳酸閾値。これに尽きるのではないか。

そしてこれらの数値は上限が人それぞれ、生まれつき決まってしまっていると聞く。遺伝的要素。悲しいね。

だから人と競うというよりは昨日の自分に打ち勝つ、そのために自分を鍛える。そういうストーリーは分かりやすい。ヒルクライムが人気な理由のひとつはそこだろう。ヒルクライムは修羅の道。修験道。マラソンも同じ?

 

∼×∼×∼×∼

 

ツールドZWIFTが始まった。一応は毎回エントリーするものの、仕事が忙しい。忙しくてZWIFTをする暇がない。そして隙間時間に開催されるイベントがことごとくMTGと重なる。それはランが捗る理由でもあるのだが、30分のレイトジョインもままならない。残念至極。

娘が寝入った深夜早朝は騒音問題が怖くてローラー台に乗れない。悲しい。マンションのグレードからすればきっと大丈夫と信じたい。だけど気分的に無理。ビクビクしながら回すのは楽しくない。

あと夜は20時を過ぎると眠くなるのもある。そして朝は早く目が覚めてしまう。明らかにおじいちゃん化している。老化。あんなに楽しかったZWIFTも引退か。悲しい。


∼×∼×∼×∼

 

アンダーアーマーの福袋(Lサイズ10,000円)を買って満足している。金額的には37,000円を超えていたし、そもそも自転車以外のスポーツウェアを全く持っていないので、すごく嬉しい。ちょっとおかしな色のソックスだって人に見せるわけではないから構いやしない。買って正解だった。

ところがネット通販のレビューは非常に悪いと聞いて見に行ったら乞食市場だったので笑ってしまった。みんな落ち着け。

だいたい福袋なんてのは売れ残りの在庫処分である。それが「売れ残り」だとか「バスケットソックス」「ゴルフウェア」、果てには「色が変」とか「冬物がない」とか「箱が汚れている」とか、なんなのマジで。「もう二度と買いません」とか大いに結構。社会人が何を言っているんだか。バカジャネーノ。

在庫コストをご存知か。値替を入れて処分。もしあなたが経営者だったら、人気商品を詰めるだろうか。配送センターにまで溢れかえった不良在庫。ましてやコロナ禍で厳しい経営環境。給与カットだけでは足らず、人員整理を行わざるを得ない。そんな状況まで考えた上でもう一度、ポチるときの覚悟を問うてみるべきである。

プラスチック金メッキの東京タワーとかおかしな土産物が入っていなかっただけでも喜ぶべきであろう。きっと期待値が高すぎたのだろう。バカジャネーノ。