やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

あっさり10km50分切り、満足

あっさりと、10km50分を切った。「50分を切ったらシリアスランナーの仲間入り」と何かで読んだ。それを思い出して、ランを初めて1ヶ月少々でなんだかもう満足してしまった。

f:id:yasaguredaren:20201220174235j:image

先日54分を切ったばかりなのに、ちゃんと本気で走ってみたら50分切りは割とチョロかった。走り終わってみて、特に期待値も設定していなかったので、色々な意味でこんなもんか、という感じ。満足。

心拍数を見る限りはこれが現時点でのベストで、今後の壁になるのだろう。ここから先は「タイムを出すための走り方」と「タイムを出すための練習」が必要になるんじゃないかな。

ただ漫然と河川敷をダラダラ走っているだけだと、もう無理な感じがする。今まではひまつぶしに、心拍数にもそこそこの余裕を持たせて走ってた。でも今日は割と真剣に走った。つまりはこれが現時点でのベストであり、自分の脚力。

f:id:yasaguredaren:20201220174838j:image

無酸素運動以上の状態が42分。こういった走り方を繰り返せば、もう少しだけタイムが上がるかな。ZWIFTでもCクラスで優勝を狙える位置にいけるか。でも週に1〜2回もこんな走り方をやっていたらケガをしそうだ。

そもそも「走るために走っている」わけでもないしね。私はむしゃくしゃを発散させてメンタルを平静に保つために走り始めた。あとは老いに抗う気持ちもあったけれど、タイムを上げようとしているわけではなかった。