やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

復職前に自転車生活を振り返る

今月も累計走行距離が1000kmを超えて、何となくひと安心。今月下旬には復職面談がセットされており、社会復帰に向けて少しづつ自転車色を薄めていく。つまりこの自転車生活も間もなく終わるから、駆け込み気味に走った2週間となった。ここから一気にペースダウンできるといいんだけど。ZWIFTダルク。


社会復帰を前に、改めて今年の実績を振り返ってみた。距離はSTRAVA、FTPワット数はパイオニアペダリングモニター両足センサー。

1月→112km(未測定)
2月→334km170W(実走テスト)
3月→395km201W(実走テスト)
4月→68km(未測定)、入院&退院
5月→198km168W(FTPはこれ以降ZWIFT)
6月→1000km191W
7月→1644km未測定
8月→1600km208W
9月→1034km231W(9/15現在)

5月は『ワンダと巨像』を(固定ローラーしながら)プレイしていたのでもっと走った気がするけどSTRAVAではこんなものだった。

 

チネリヴィゴレッリロードはだいぶチェーンが伸びて25Tだとゴリゴリ感がある。それに実走時、漕ぎ出し時にどこからか「カンッ!」という音鳴りがする。チネリ納車から1年経つから、復職面談のタイミングでオーバーホールに出そう。 


ヴィゴレッリロードの購入について - やさぐれメモ

 

で、気になるFTPはどうか。
「強くなりたかったら、まずは月間1000kmを3ヶ月続けてみよう」とはよく見たり聞いたりする話だけど、実際にそれだけクランクを回していたら速くなれないはずがない。時速15キロ50Wの無負荷な平地ゆるポタとかでない限り、太ももが目に見えて盛り上がってくるし、パワー(巡航速度)も3ヶ月を超えた頃に突然アップしてくる。それまでは150W28〜30km/hとかだったのが180W32〜35km/hとか、追い風で気持ちがノれば200Wオーバーで数十分走れるようになった。

入院前は実走FTPテストで201W出ていたし、直近の231Wは4本ローラー✕ZWIFTだから単純比較はできないけれど、ゲーム感覚よりも競技志向で真剣に取り組んでいたらもっと伸びているのは間違いない。自分の将来を始めとして自転車以外のほぼすべてを犠牲にすれば。


f:id:yasaguredaren:20190915212627j:image

 

不思議なことに「もっとFTPを伸ばせるんじゃないか、パワーウェイトレシオ4倍250Wは出しておきたい」とか欲が出てくるのは事実。しかしその一方で、たかが趣味なのに心拍190とかわざわざ苦しむ意味もない。ほどほどがいい。

あと2週間したら、昨冬のように週末夜明け前に楽しむ生活に戻るんだ。どちらが健全だろう。