やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

7月のまとめ

まだ7月が終わるのに1日あるけど、月間走行距離は1600km。ドラフティングの多いZWIFT換算だから実際には8掛けの1300kmくらいかな。いずれにしても先月に引き続きの1000kmオーバーはもう本当にアホだと思うけど、休職中という貴重な充電期間を有意義に過ごすことはできたと思う(誤解を恐れずに言えば他にやることがなかった、いやもちろん家事オペレーションを回す他に保育園の送迎や園のイベントのために提出する工作とか、通勤の練習とかそれなりにやることはあったけど、精神や肉体の健康維持の他に継続してやるべきことがなかった)。

TSSは週平均700前後、CTLは80まで上がってきた。ZWIFTで週2回以上レースに出て頑張るとか、グループライドでもスプリントを毎ラップ繰り返すようなことをしなければ、脚の疲労はそこまで酷くならないことも分かった。あとZWIFTのレースを少し楽しめるようになったかな。

FTPは199Wまで戻った。ZWIFTを始めて300kmくらいまではFTPが163Wに落ち込んでいて、プレイ中も150Wを維持しようとしても辛くて辛くて、レースなどでの巡航速度はせいぜい体重の2倍少々、130Wくらいだった。

それが今は、やる気に満ち溢れているときは30〜40分くらいなら3倍の190W前後でグイグイ走れるようになった(FTPテストはTOEICみたいなものだと思っている)。Dカテゴリーで一度、大逃げで優勝できたし、スタートで出遅れたときも、千切れたDカテゴリーの人に順に声を掛けてピックアップして、数人のパックを引っ張ることができるようになった。これは本当に楽しい。

f:id:yasaguredaren:20190730145113j:image

※ただし、この程度の脚力ではCカテゴリーは絶対に勝てない。3倍250W〜300W(=体重83〜100kg)のパワーライダーがうじゃうじゃいて、カテゴリー詐欺を抜きにしても全く歯が立たない。やはりZWIFTはレースのカテゴリー基準をパワーウェイトレシオではなくてFTPに変更してみたらどうだろう。

 

で、嫉妬を持って書くと月間1000km超えの感想はやっぱり良いものではなくて、1000km走れる環境の人が羨ましい。

月間1000km走るとは、自転車通勤で毎日乗れたとして例えば往復30km×20日間=これでもたった600km。週末4回で残り400km走らなければ到達しない。月間1500kmを目指すなら週末に合計900km走るわけで、そうなると土曜日100km+日曜日100kmを4回+α。アホでしょ、アホ。「坂バカ」と同じくらい頭おかしい(坂バカが登坂中毒だとしたらこれは距離中毒?)。あーでもZWIFTがあれば毎日睡眠時間を1時間削って1日30kmずつ積み増せるかな?それなら+900kmだから通勤と合わせて理論的には余裕?でもそもそもロードバイクで片道15kmの通勤って、清潔感の問題があるよなぁ。それに交通事故のリスクを考えたら、良識的な社会人ならやらない。いや「普通」じゃないからこそやるのか。それくらいのことをやり遂げた。暇だったからこそ、良い経験ができた。更に言うと距離ではなくてTSSなんだけど。

f:id:yasaguredaren:20190730145041j:image

8月中には復職のメドが立っているので、このZWIFT生活も終わりに近付いている。春先の思いがけない蹉跌に憤懣遣る方無かった僕を支えてくれたのは、ZWIFT✕4本ローラーと、そしていくつかの自転車乗りの方のブログだった。

誰とどこを何ワットでどう走って途中こんなことがあって的な、見ず知らずな方々のライドレポには全く興味がなくて(そういったブログは大体が「そんなこんなで」&「というわけで」が多用される法則)、それよりも自転車に乗っているときの心の動きとか、ブログが台頭してくる前の昔懐かしいテキストサイト、自分もかつて@niftyのホームページサービス@homepageを使って、手組みのHTMLファイルをFFFTPでせっせと更新した。

自転車乗りとしての輪行旅行のフォトエッセイ、と書くと聞こえは良いけれど、当日午後予約での能登半島の民宿の親切さに思ったこと(若さ)、23Tのスプロケ渋峠に立ち向かって感じたこと(無知無謀)、礼文島での出会いと別れと涙(遅い青春)、そんな自転車にまつわる心の動きを現在とは1桁違う200万画素のニコン最新デジカメ片手に書き綴ってきたのだけど他にも叙情的?な輪行の記録のサイト、あの頃はそんなHTMLのサイトがいっぱいあって「MTBにドロップハンドル」とか「があ子の自転車三昧」とか「リジッドフォークで山サイ」とか本当に懐かしいな。みなさんお元気だろうか。会ったこともないけど。

 

5〜7月の3ヶ月で合計3000km走った。振り返ってみると結構、楽しかった。ZWIFTのおかげで室内ローラーが本当に楽しかった。固定だけでなく4本ローラーも買ってよかった。こうなるとスマートローラーも買ってしまう勢いだ(嘘)。そして、ZWIFTコンパニオンでイベントをチェックして毎日のスケジュールを考えるZWIFT生活が終わる。病気というよりも、納得のいかない休職を強いられて腐っていた自分を救ってくれたのは繰り返しになるけど奥さんの理解といくつかの自転車ブログと、ZWIFTだった。人生に対する恨みつらみをすべてペダルに叩き込んでいたはずが、そんなカタルシスが、いつの間にかすっかり忘れてZWIFTのレースやチャットを楽しんでいた。

自転車部屋にはエアコンを設置していないから、時期的にも暑くてもう無理だ(今は離れたリビングと寝室のエアコンを稼働させて室温を管理している)。脳神経内科とも相談して、これからは少しずつ実走も解禁していくことにする。2年以上かかると思っていたけど、未だに『平成』だった僕に『令和』は意外に早く明けた。そうだ、新居の自転車部屋にもやっぱり大きなエアコンを設置しようかな。

ちなみに2歳9ヶ月の娘はイヤイヤが減って家事のお手伝いが大好き。大好きといえばストライダーがとても上手くなり、スピードをつけて、両足を上げての走行を得意気になって見せてくる。早くオムツとイヤイヤを卒業してくれるといい。そうすれば心置きなく復帰できる。

 

4ヶ月に及ぶ休職で失った収入と膨れ上がった医療費は、人によっては大したことのない金額だろうけど、来春竣工のタワマンを契約した身としてはマジでバカにならなくなって、でもそれはもう言っても仕方がない。どこかにきれいなお金落ちてないかな。