やさぐれメモ

やさぐれたアラフォー男性の自由帳

ヴィゴレッリロードの購入について

ここ数週間でヴィゴレッリロードに関する記事のPVが跳ね上がっているので、購入の経緯を改めてまとめておくのもよいかと思いました。ピストフレームの「ヴィゴレッリ」について知りたい方はググりなおしてください。
f:id:yasaguredaren:20190403201307j:image

購入のきっかけは平地用に使っていたブリヂストンアンカーのマグネシウムフレーム(RML7)が走行中に破断して廃車となったことによる買い替えです。コンポーネントについてもアルテグラ6600で古すぎたこともあって、泣く泣く一式を廃棄しました。


f:id:yasaguredaren:20190403195749j:image

で、まず、なぜクロモリにしたのか。それはすでにキャノンデールカーボンフレームのスーパーマシンSUPER SIX EVOを所有していたこと、クロモリに対する抵抗感がそれほどなかったこと、クロモリなら他の素材に比べて比較的安いので破損しても精神的なダメージが少ないと思ったことなどがありました。

次に、マグネシウムフレームが折れた原因はそれまで使っていた固定ローラー台にあると思っていて、ローラー台でも使うことを考えたらまず高価なチタンやカーボンは却下。そしてカーボン全盛(?)のこの時代にあえてクロモリって個性的でいいじゃないかと思っていたのもあります。

マグネシウムフレームで愛着のあったアンカーやパナソニックのオーダークロモリフレームで考えていましたが、それらにすでに乗っている知人が身近に複数いたり、価格の割にフレーム重量が重かったりと、いまいち気に入らない。それにもうちょっと個性的なものが欲しいという気持ちもありました。デローザのネオプリマートやコルナゴマスターXライトもここで除外。で、会ったこともないあのアマチュア選手のブログで前から見ていたヴィゴレッリロードに決めました。

その選手のブログからヴィゴレッリロード=イエローのイメージが強かったので、ネットでパープルのカラーバリエーションを見たときのショックは鮮烈でした。チネリのロゴのメッキ処理もカッコよさそう!これでフレーム&フォークのセットが税込み105,000円。素晴らしい。フレーム重量2,000gだけど10万円(+フォーク350g)。他のメーカーだともっとするからね。

結局、イエローを買うけど、在庫がなければパープルでも全然構わないというスタンスでショップを訪問。その時点で取り寄せできたパープルのSサイズに妊娠&育児でお休み中の奥さんのコンポやホイール一式で組み上げたという次第。サイズについては、身長173cm股下82cmでSは少し小さくないですか?と店長に聞きましたが「欧米人基準のサイズだから大丈夫だよ」との答えでした(ただし先日受けたワイズロードのフィッティングではMサイズ推奨でした)。

あと友人からローラー台専用のクロモリバイクをタダで手に入れたため、ヴィゴレッリは固定ローラー台には全く使っていません。

 


ヴィゴレッリロード注文します - やさぐれメモ

 

長くなったので、乗り味などは別に書きます。とは言っても比較対象がこれまた個性的なマグネシウムフレームやカーボンのSUPER SIX EVOな上に、そんな細かい違いが分かるわけがない。さらにはタイヤはチューブレスレディ、ホイールもリムハイト50mmのカーボンホイールで比べようもなく、ただのポエムになる予感。