やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

LezyneとEPSONの使い分け

心拍数についてはやはり胸バンドのLezyneのほうが精度が高いようです。当然といえば当然ですが。画像はいずれも昨日の走行データです。娘の午睡が浅そうだったのでサッと行ってサッと帰ってきました(ローラー用バイクの納車が時間かかってます)。
f:id:yasaguredaren:20181014111732j:image

このLezyneの心拍数推移に対して、次のEPSON J-350は20分過ぎからおかしな動きになっています。これはスプリントして心拍を170まで上げて、そこから河川敷をいったん抜けて信号の交差点を左折、川の反対側に渡るレストの時間帯に入るあたりです。
f:id:yasaguredaren:20181014111603j:image

 

走行中の疲労度合いはLezyneの心拍数推移に一致します。ここ数回の実走を経て、Lezyneのサイコンで心拍数を確認して練習強度を調整しながら、手元のEPSONウォッチで1分ごとのLAPを確認するという使い方が見えてきました。EPSONで正確に検知する手段としては少し強めに、キツめに装着するのが良いのかなと思います。