やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

ひさびさの実走


f:id:yasaguredaren:20180716065911j:image

3連休の最終日は貴重な実走のチャンス。朝4時半に起床してそそくさと近所の湖へ。サクッと2周してきました。1周5kmの周回コースを1周目は全力で走って今現在どれくらいの脚力か確認。2周目はそれを20km4周するとなった時のペース配分でペダルを回してみました。

1周目は9分30秒。以前は1周10〜11分でしたから、現時点でこのタイム、ひさしぶりの実走でこれなら十分でしょう。脚力はしっかりついてきていると判断しました。

問題はこれを4周するということ。本番も同じような周回コース。新鮮味が薄くなる2周目以降もラップを丁寧に刻めるか、実際に走ってみて、持久力が課題となりました。4周で無理のないペースだと1周11分くらいかなー。そんなことを考えながらセブンでサラダチキンと大根サラダを買って6時前に帰宅。サッとシャワー、ウェアを水洗い。娘はまだ寝ている!セーフ!

 

集中力は本番当日の非日常感とか脳内麻薬物質的なもので心配ないとして、持てるものを出し尽くすとなると20kmは長いですね。体力、持久力が全然足りなそう。スピードを持続させるのがこれほど難しいとは。

今日の収穫はいくつか身体で感じることができた点。ローラーと違ってとにかく空気抵抗がキツい。これはとても大きな収穫でした。頭で教科書的に分かっていても、やはり身体で感じるのは全く違うことです。それとアップダウンをきちんと体感できたこと。ローラーだとずっと一定のペースですが、実走は登り坂、下り坂で身体にかかる負荷が平地と全く異なります。これらは当然といえば当然ですが、普段実走できない人間として身体で感じることができたのは大きな収穫でした(育児しながらの実走は本当に難しいです、ていうか無理)。

体重はここ数日62 kg前半で推移していて、 もう目の前に61 kg台が見えています。チャリダーの感想はそのうち。