やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

チャリダー ロードレース男子部

NHKBS1で放送されているスポーツ自転車番組「チャリダー」。今年から新しい企画が始まっています。その名も『ロードレース男子部』。これに勇気をもらっています。

著名サイクリストの筧五郎さんを監督に、3人のサラリーマンサイクリストが練習を積んでロードレースで勝ちに行く1年間の企画です。

3人とも剛脚の持ち主なのですが、前回の放送では3人の息が合わず、上位に食い込むことができませんでした。このときのコースは伊豆修善寺サイクルスポーツセンター。普段は一般開放されていて、僕もロードバイクをレンタルして走ったことがあります。ここはアップダウンがキツいコースで、クライマー脚質でかつ、下れる人じゃないと戦えません(重心移動やライン取りなどのテクニックがないと、下りでもどんどん差がついていきます)。修善寺のレース展開&結果について「台本どおり」という人、伊織さんや文平さんを笑う人も散見されますが、僕は和やかに楽しめました。応援したくなっちゃうんですよね。

メンバー3人ともお勤めされながら自転車競技に打ち込んでいる様子がドキュメンタリーに放送されています。僕はその中でも特に消防士のシュガーさん、レースに対するシュガーさんのひたむきな姿勢に胸を打たれるんですよね。クールに熱い。フレイザードか。

もちろん伊織さんも文平さんも頑張る姿を応援します。僕もローラー台買って、オーバーホールに出したアンカーを待ちます(固定ローラーなのでカーボンフレームのキャノンデールよりは金属フレームのアンカーのほうが何かと安心、知らんけど)。

 

【追記】

伊織さんは数年前に落車で大けがをして、ICUに入っていらっしゃいます。記憶障害などが出てお仕事を変えるなど、社会復帰にはご苦労されていらっしゃるところも、応援したくなるポイントですね。