やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

老いに抗う

悩みはみんな同じようなものなんだと分かってホッとしました、自分だけじゃなかった。というのは以前気付いたとおり。で、じゃあどうするの?という問いに対する答えもだいたい同じでして。

 

年を経るごとに、
疲れやすくてなって
白髪が目立ちはじめて
体重がどんどん増えてきて
色々とムリがきかなくなって

 

年齢的な人生の折り返し地点にやってきて、老いが確実に身体を侵食しています。とにかく体力が続かない。まるで子供に吸い取られているかのよう。子供は日増しに重くなってきているけど、それ以上に元気いっぱい。こちらは自分の体重を支えるだけでいっぱいいっぱい。階段の昇り降りなんか膝が痛くてたまりません。

そして日曜日にひさしぶりにロードバイクに乗ってみて、全然ペダルを回せなくて衝撃を受けました。信号待ちからのゼロスタートとかペダル(ギヤ)がとても重くて絶望的でした。当然、インナー×ロー。

振り返れば、まだまだ元気だった30歳手前の、新宿の天ぷらつな八で食事をしたあとに胃もたれデビューしたあの日から、身体能力はピークを過ぎて転げ落ちるように下り坂。年齢を重ねて知恵や思慮深さは身に付いても、体力だけはだめでした。

育児の合間になんとか運動を。無理を承知で、なんとか運動するチャンスを。

 

で、ポチりました。週末には届くでしょう。