やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

報道特集「色覚異常」

今日のTBS報道特集色覚異常」。僕の色覚異常で分かっている判別の難しい組み合わせは、赤と緑と茶色、橙と緑、白と水色とピンク、青と紫、灰色と緑。橙と緑を見分けられないことに気付いたのは30歳になってから。色覚検査はやった方がいいと思う。異常かどうかじゃなくて、何が見えて何が見えないのか知るために。検査やらないと自分じゃ気付けないまま大人になる。劣等感を持つものでもないし、会社の同僚も助けてくれる。じゃないと仕事ミスるし。隠すものじゃない。
ただ中学1年の健康診断で「はい、異常~!」とへらへらしながら楽しそうに言った数学の大沢という男性教師のバカにした態度だけは忘れん。

 

あとは母親が今でも自分を責めているので、いい加減もういいよ、お母さんは悪くないんだよと言っている。ごめんよ、僕は少しめんどくさくなってきている。