やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

自転車、仮復帰

職場復帰した奥さんがいよいよ忙しくなり、朝の保育室送りを僕がするようになりました。抱っこひもを使って小径車(折り畳み自転車)で連れていきます。

 

ドロップハンドルじゃないし、万が一に備えて足をべたっと地面につけられるようサドルは低いし、ロードバイクとは何から何まで異なります。しかも胸に10kgの、もぞもぞ動く米袋みたいなのをくくりつけています。ウェイトトレーニング

 

変速機がリヤに6段付いているので、軽めのギヤでちゃらちゃらと高めのケイデンス。パワー出力も一定を心がけて、自転車リハビリが始まりました。フラットペダルなので、降りるときに足首をひねらないのが違和感ですが、じきに慣れるでしょう。