やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

英会話講師からのメッセージ

あなたは、「英会話」をやりたいのか、ビジネス英語のスキルを上げたいのか。多くの日本人が大好きな「英会話」をやりたいのならそれはホビーとして取り組むといい。時間がたっぷりあるならね。

英会話教室はビジネスだ。生徒に「また来たい」「今日のレッスンはとても良かった、またこの講師のレッスンを受けたい」と思わせることが重要で、その生徒の英語スキル向上は大した問題ではない。

そしてあなたはあなたのビジネスのために英語を学ぶと決めている。非英語圏の様々な国の人達とミーティングやらテレフォンカンファレンスをやろうとしている。そういう生徒には講師も真剣全力で向き合うよ。英語が話せないと仕事の幅が広がらないのかい?それならのんびりしているわけにはいかないな。あなたには時間はそう多くはない。ホビーではないということだ。

日本人はTOEICが好きだね。でも他の国の人達はTOEICを知らないよ。あれは選択肢を選ばせる、学校の入試問題のようだ。語彙力や基礎力を付けるにはいいかもしれないが、本当の英語力がつくかは疑問だ。ただ、リスニングパートのディクテーションは電車で座席に座れたときにはやってみるといいだろう。あれは明瞭な音声でショートセンテンスが続くから、ビギナーには取り組みやすいはずだ。

英会話の参考書を選ぶとき、良い悪いは英語の表記が日本語よりも多いかどうか。日本の書店に並ぶ多くの本は、英語の本なのにどのページも日本語の記述のほうが多い。そういう本を使ったトレーニングは英語の習得にとても時間がかかる。あなたが英語をホビーでなくスキルアップの手段として学ぶなら洋書が良いだろう。もちろんビギナーなら日本語のサポートがあったほうが最初のうちは良いだろうが。