やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

英会話教室みたび

英会話教室にみたび通いはじめました。後から後から英語に堪能な人達が入社してくる。異動したり退職したり、英語をしゃべれないメンバーは50代を中心にわずか数人を残すのみ。

 

で、以前通った英会話教室に、また入学しました。今度はキャンペーン期間限定じゃない。1年で70回くらいレッスンを受講するちゃんとしたコース。もちろんレッスンはマンツーマン。

 

海外メーカーとの英文メールのロールプレイングをやっているけど、フルボッコにされている。これがキツい。

 

この文はdoesn't make senceだ。

末尾の一言が唐突にtoo casualで真剣味をなくす。

時制の一致にaccuracyがなくて読み手を混乱させている

説明のパラグラフが長くてmessageがボヤけている

全体的に頑張り過ぎでindirect、伝わりづらい。

 

辛い。

苦しい。自分がもう少し英語デキるとか思い込んでいたから、その勘違いに気付かされて、なおさら辛い。

だけど、留学経験者なんかは、異国の地で数倍キツい思いをしてきたんだよね。大学で専門的な学問を外国人と机を並べて学び、ディスカッションやレポートをやりながら英語の勉強にも取り組んだわけです、きっと。

 

でもキツいよ。家庭持ってからじゃ本当にキツいよ。分かる。分かるよ。自分が悪いんだ。若いときに取り組まなかった自分が悪いんだ。でもさ、赤ん坊を育てながら、仕事の資格試験を勉強しながら、英会話の予習復習。キツいよ。

夜寝る前に、価格.comでLレンズ各種のクチコミを読むのが密かな楽しみ。