やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

中止にする勇気

うちの地域は昨夜から暴風。夜明け前からは窓ガラスに激しく叩きつける大粒の雨。午後からは晴れる予報だけど。

f:id:yasaguredaren:20160504050832j:image
判断が難しい天気予報を見て、サイクリングを中止にする勇気。
 
一ヶ月前から楽しみにしていたサイクリング。みんな予定をやりくりして計画。あの道走って、いつもの分岐からあの道にスイッチして、あそこでランチして、あそことあそこに寄って
 
 
先月、自分がリーダーとなるサイクリングが中止になりました。直接の理由は熊本の地震でしたが、正直に言うと地震が起きる前から天気が荒れることが予想されて、サイクリングは難しいと思っていました(代替案として下見ドライブを提案していました)。
 
チキンハート&豆腐メンタルな僕ですが、今回はロードバイク初めての人をアテンドするというのがメインでしたので、開催の可否判断はいつも以上に保守的になりました。
 
結果的には熊本地震の関係で中止となりましたが、当日は台風並みの強風と時折バラバラッと降りだす雨で大荒れ。サイクリング中止になって良かったです。神奈川では風が原因の落車でFフォークを折ってしまった方も。ご心痛お察しします。
 
この日のメンバーにはロードバイクデビューの女子が含まれていました。計画していた距離30kmど平坦コースは経験者なら「近所を散歩」レベルですが、ロードの重いギヤと初めてのドロップハンドルで不慣れな乗車姿勢。それに加えて強い向かい風は初心者にはとても辛いでしょうし、横風にあおられて落車とか、濡れた路面に滑って落車とか、もう危険の二文字しか思い浮かびません。
 
汚い雨と泥ハネで服も汚れるし、これで転倒&ケガなんてしたら、もう二度とロード乗らないでしょう。彼女が乗る予定だったロード、うちの奥さんのだし(体調不良で留守番)、借りたバイクのフォーク折るとかもう気まずいどころの騒ぎじゃない。
 
新しいサイクリング仲間ができるチャンスだったので、天気とは別の理由での中止は残念でしたが、こればかりは仕方がありません。状況が落ち着くまで当分の間お預けです。