読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

ファイナンシャルプランナー2級を勉強します

ファイナンシャルプランナー2級を勉強します。正確には勉強しなおします。

取得したのは、もう何年も前のこと。当時勤めていたブラック企業で慰留をいただき、入社半年での退職願を取り下げた僕。異動先は元ヤン上司(実はスタンフォードMBA)が一人で切り盛りしていた経営企画室でした。

そこで待っていたのは、知らないと手も足も出ない様々な仕事でした。

株式市場の動向分析(+IR)
同業他社の経営分析
創業者の相続&事業承継
経営者保険
営業車の任意保険加入の効率性調査
営業所等の不動産
法人税とか各種税金の理解
etc.

学生時代に遊び呆けていた新卒の僕は、無力感に苛まされました。トラックの運転が巧くても、ここでは何の役にも立ちません。

営業所で見飽きた暴力的な人間は皆無。出入りの業者は金融とマスコミ。インテリジェンスは営業所の世界とは雲泥の差。仕事ができるようになりたい。出入り業者とも対等に話せるようになりたい。お願いして、上司の夜間MBA講義がスタートしました。そして同時に、出入り業者の金融マン達にも商談ついでに教えを乞いました。

時には鼻で笑われながらも、必死で食らいつきました。マーケティング。証券税制。企業会計制度。海外MBA留学で学んだこと。ライブドア事件。社内営業。上司との付き合い方。効率的な読書の方法。プライベートでのお金の使い方。業種別合コン必勝法。

そのうち、こちらもある程度知らないと上司も彼らも話しようがないことが分かってきました。彼ら以上に勉強しなくちゃ!

とりあえず簿記とFP、ビジ法の勉強を始めたら、道が少し開けました。彼らの態度に真剣味が増して、話す言葉が一気に専門的になりました。こちらも前より理解が進んで、その場で具体的な質問ができるようになりました。少しずつ一人立ちできるようになり、ブラック企業を卒業することができました。


あれから数年経ち、自分を取り巻く環境は激変しました。法律も変わってきました。当時はブラック企業を抜け出すことも視野に、合格することが最優先。履歴書を埋めたかったので、詰め込み学習。なので、試験が終わって忘れてしまったことが多々あります。

今になって振り返ってみると、人生で一番役に立っているのはFPでした。FPは仕事に限らず、お金との向き合い方&考え方を学ぶことができて、自分の生活、ひいては人生が少し豊かになりました。

そこで、FPをもう一度きちんと勉強しなおすことに決めました。5月の試験で2級を受験します。

悔いのない人生を送るためにも、知恵をつけるのだ。