やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

強みと弱み、同僚の力を借りること

評価面談を終えて、解雇されることなく引き続きこのポジションで働けることに、とりあえず安堵。

新しいKPIの発案とか、間接費のコストドライバー見直しとか、そういったものにもっと独創性を出せるようにしたいと思っていました。

独創性の無さは僕の弱みなんですが、新しいボスはむしろ僕の弱点領域を強みとして持っている同僚と協働して結果を出してくれればそれでいい、とのこと。

全部自分がやらなきゃ、と思いこんでいたところがあったので、納得です。


ところで最近、外国人と英文メールのやりとりが増えてきました。

ぼくのTOEICスコアは800点前後、それにプラスして受験英語で今までやってきましたが、最近はさっさと下書きを作って、海外経験のある同僚にチェックを頼んじゃってます。

敬意表現や誤解を招かない言い回しなんかは、やはりスマートですね。さすがです。