やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

30代の婚活について

最近、自分の周囲で30代女子の婚活の話題が多くて、それについて感じたことや自分のことを思いつくままに書きます。僕の場合は転職同様、たまたま運が良かったのですが。

今の奥さんに出会うまで結婚は半ば諦めていました。30歳を過ぎて、年齢に対して収入の低い自分は結婚なんて無理だと思っていました。どのくらい低いかというと、転職エージェントにプロフィールを提出したときに「やさぐれさん、年収は手取りでなく額面でお願いします」と言われたくらい(○百万円未満)。この辺は個々人の価値観ですが。

今の奥さんに出会って一目惚れして猛アタック。幸運にもお付き合いしてもらえることになってすぐにプロポーズしたものの(痛)、収入の低さにドン引きされて全てが保留になりました。主婦願望ゼロだけど今の生活水準は絶対に下げたくないし、両親に紹介しても絶対に反対されるって。

ここではとても書けない辛辣な言葉をズバズバ言われて、その日と翌日は悔しくて情けなくて眠れませんでした。やっぱり自分には結婚なんて無理だったんだ。。。

でもやっぱり諦めきれなくて、転職して給料アップしたら前向きに考えると言ってもらえて、僕としてもそれしかないと思って転職活動をスタート。大したスキルも経験もなく苦戦しましたが運良く成功、収入アップ。めでたく結婚してもらえました。

25歳から婚活に励んでいた奥さん曰く、僕の性格は悪くないし収入とかファッションセンスとか僕の物事の優先順位=価値観は自分の教育で変えられるから何とかなる、頑張れ!と思ったそう。


無理だと思いつつ実は結婚相手の理想像はずっと明確でした。ポイントは2つ。
1 明るくてよく笑うこと
2 僕よりも頭の回転が速いこと

一緒にいて楽しくて、どんな苦労も2人で乗り越えるために1は必須。また2は何か選択肢を判断するときに僕は頑固でせっかちな面があるので、それを鼻で笑ってより良い提案ができる人が魅力だなと。

なので20代での合コンは積極的に幹事してました。女性陣の幹事には一つ二つ年上で、名門進学校出身で、性格の明るい女友達を指名し、高校の(もしくは幹事と似たような)友達を呼ぶようにお願いしてました。かくいう僕は平凡な県立高校で身の程知らずでしたが開き直ったもの勝ち。

年上なら遠慮なく僕に意見を言いやすいだろうし、回転の速さは出身高校を偏差値や基礎学力の高さとして担保しました。算数の得意な中学受験経験者は尚可。ポイントは大学ではなく出身高校。大学入試は一発逆転があるし、経験上、特に早慶なんかは劣等感の裏返しであるプライドがリスクとしてあるからです(御三家から東大落ち一浪で慶應よりも地方公立からICUとかがいい)。

美人かどうかは関係なし。知性や性格は表情に出るので顔の作りよりそっちが重要。体型も努力で変えられるから関係なし。この辺はあくまで僕の好みですが。

価値観の問題ですが、僕の周りの男性陣にはいつも現実的な女性が人気高かったです。お金の使い方なら消耗品は適当だけど耐久消費財はじっくり選ぶとか、読書は実用書が多くて文芸は年に1〜2冊あとがきだけ読むくらいとか(笑)。逆に趣味が特に目的のない買い物とか、読書がハルキニスト、その他ジャニーズ好きとか観劇好きの人は僕の周囲の男性には厳しかったです。

よく笑い、よく話を聞き、飲まなくてもよく食べ、よく話す。好みの男性がいなくても次につなげるべくその場をうまく楽しんで男友達を増やす、男性陣に性別を忘れさせるくらい楽しい時間を過ごせる、そんなサクサクした人がウケが良かったです。

上から目線のアドバイスみたいになってすみません。長くなったので、中途半端ですが今日はここで終わりにします。