やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

最初の3年で仕事の大半が決まる説におおむね同意だけど、100%そうってわけでもないから伸び悩んでいる20代の人は諦めることはないですよっていう話


最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

もちろん100%ではありませんが、結構うなずける話だなーと思いました。20代の方にはとてもいい記事だと思います。上から目線ですみません。。。

 

「最初の3年で仕事人生の大半が決まる」と思いますし、もちろん挽回も可能ですから、リンク先の記事を読んでやる気が出た人はその調子で、打ちひしがれて絶望的になった人は決して諦めないでほしいと思いました。僕自身、20代のブラック企業時代に読んだら少ししょんぼりしたかもしれません。んなこと言ったら生まれた瞬間に人生の大半決まるわい、といった屁理屈はさておき。

でも、実績のある30代が仕事観を語ることは滅多にありませんので、読んで参考になることもあるでしょう。20代の方は素直に取り込んでいいと思います。

 

 

一方で、なぜ実績のある30代が仕事観を語らないか。それはこの年齢層で本当にできる人は常に上を見ているからです。なりたい理想像に向かってひた走っています。上司やその上のマネジメント層、社内の抵抗勢力と日夜やりあっています。

自分の無力さを嘆くヒマもなく課題に取り組み、下に先輩風を吹かす概念もありません。もちろん下から熱心に求められれば、もしくは若手の育成となれば、そのための示唆はしますけど。

でも自分語りとか仕事観の話なんていうのはまず、しない。
語れるほどのものなんて、ない。
大体、たかだか10年少々のキャリアで偉そうに語れるものなんてありません。

だって、自分よりずっとキャリアのある人たち(上司や経営陣)と仕事してるんだもん。だから目線が下を向くことなんて普段ないんです。当然僕もここ数年、聞いてもいないのに仕事観を語り出す30代とは距離を置くようにしています。滅多にいないけど、そういう人はろくな人がいない。同年代として残念な気持ちになります。

必要に応じて義理で聞くこともあります。誰も話を聞いてくれなくなっちゃたんだなーって思いながら。定年間際の大ベテランとはワケが違います、僕らは30代のペーペーですから。

 

仕事に哲学を持つという意味では、必要に迫られて、収入を上げるために仕事を頑張る人はいるかもしれません。でも20代から、社長になりたいとかっていう出世欲を原動力にしている人はほとんどいないんじゃないかな。少なくとも僕の周りにはいません、サンプルすごく少ないですけど。やりたい仕事をやるために、より大きな決裁権限を求める人はいます。出世欲じゃなくてやりたい仕事やるために。

 

本当にデキる人は年齢に関係なく、自分語りなんて絶対にしません。雑誌の取材でもなければ、絶対に自分から語るようなことはありません。デキる人ほど自信を持っている一方で謙虚、むしろ相手の話を聴きたがるんじゃないかな。

以上、20代の方へ、一部自分へのブーメランになっちゃったけど、そういうものだと思います。