やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

ローラー台で大腿直筋?が見えてきた

週2回のローラー台(固定)を始めて約1ヶ月が経ち、太ももに変化が現れ始めました。筋肉が付き始めた?

 

両足太ももの前面外側に、縦に筋?尾根?畝?と谷?が現れました。ググッてみたところ、大腿直筋という筋肉のようです。今朝になって、ふと気が付きました。前からあったとは思えないので、今回のトレーニングで付いてきたことにしたいです。で、実際のところどうなのか、改めてタニタの体組成計のデータを確認してみました。 

 

体重は64〜62kgの間で上下しながら減少傾向。食生活については必要以上に食事を摂ることはしない、かと言って何か意識しているかというと、そんなこともなく、つまりこれまで通りです。ここ数年は食品系の仕事が多く、業務中も試食サンプルが頻繁にまわってきますし、それ以外にもアメリカのポテトチップス110gを雪メグのコーヒー1lとあわせて間食(完食)していたりします。あー、それをやめればもっと絞れるということか!

 

今までしていなかった運動を始めたのだから減量に成功するのは当然といえば当然。ただ体脂肪率はあまり変化なく13〜14%の間で推移している状態、筋肉量も50〜51で変化なし。がっかり。ただその一方で、タニタの提唱する筋質点数が72→91と爆上げですので、ローラー台トレーニング(+週末朝ジョグ)の効果が出ていると言ってもいいのではないでしょうか。成果が数字で具体的に見えるのは嬉しいですね。筋質についてはタニタのサイトをご参照ください。91点は40歳としては頑張っているのではなかろーか。http://www.tanita.co.jp/content/innerscandual/sp/muscle_quality/index.html

 

まだ1ヶ月なので誤差の範囲と言ってしまうとそれまでですが、エントリーした9月のイベントまでには体重をもう2〜3kg絞りたいですね。

プレステしながらローラー台

ローラー台 きつい苦しい殺される

 

みなさんおっしゃるとおり、 ローラー台トレーニングはきつく苦しいものです。 それは体力的なものの他に、精神的なキツさもあります。ローラー台は変化がなく淡々と行います。購入直後の新鮮味がなくなると、飽きるのです。

 

そこで納戸から10年以上前の20インチAQUOSを引っ張り出しました。そしてこれまた何年も使っていないPS3D端子で繋ぎました。おぉっ、映る、映るぞ!懐かしいPS3のコンフィグ画面が目の前に! 早速、当時のめり込んだFF13をセット。うあー、ライトニングが!ファングが!サッズが!フラッと立ち読みした雑誌で彼らに一目惚れして発売日に買った、2009-10の年末年始は引きこもって寝るかFFやるかの4日間を過ごしたあの興奮が蘇る!(僕はTVゲームをほとんどやらないので免疫がありません)

 

速度とケイデンスを気にかけながら、クランクが効率良く円運動するようなペダリングを意識しながら、オプティマを秒単位で回して懐かしのバトルシステムでボタンを連打!頭がパンクしそう。数年ぶりのプレイなこともあって、最初のうちはザコキャラ相手にゲームオーバーを繰り返し、気が付いたら30分ローラーを回していました。もう汗ボッタボタ。首にかけていたタオルがじっとり。TVゲーム恐ろしい。コントローラーを握って腹筋背筋で身体を支えながら、おかしなフォームで回しちゃっていますが、当分の間は体重を減らすことを目的にやってみようかと思います。

 肘置き欲しい。

ロードバイクでレースに出ます

ロードバイクでレースに出ます。時期は9月で少し先になりますが、本格的な復帰を目指して少しずつ準備を始めます。

ローラー台でのトレーニングは週に1〜2回20分程度、ケガをしないように、少し物足りないくらいてやめておきます。もう若くないので頑張るとろくなことがありません。ケガだけは避けなければいけません。無理は禁物。そしてパワーモニターが欲しい。欲しい。

レースは9月に行われるトライアスロン大会に出場することにしました。トライアスロンとはいっても1チーム 3人のリレー形式でバイクパートに参加します。奥さんのOKをもらいまして、ひさびさに順位が決まるイベントです。こういったレースは3年ぶりくらいでしょうか。しかもその3年前のイベントも内輪の草レースでしたから実質10年ぶりぐらいですね。
目標は「ケガをしないよう、頑張りすぎない」これに尽きます。開催時期としてもまだまだ夏の盛りですから、熱中症などのリスクも踏まえて、楽しい1日になるように今から準備をしていきます。

オーバーホール完了!

オーバーホールに出していたアンカーが返ってきました。先ほど娘の昼寝の間に近所を20分ほどサッと流してみましたが、クランクがスルスル回ってびっくりドンキーボトムブラケットの交換が効いていました。自分ではできない部分はもちろん、気付かなかった経年劣化の部分など、やはりプロに任せてよかったと感じています。

先日書いたとおり、今回はホイールも含んだ
「完全バラし」
「清掃」
「グリスアップ」
「再組み付け」
の基本メニューに加えて、
「ワイヤー交換」
ボトムブラケット(BB)交換」
「各部ベアリング交換」
になります。連休を挟んで3週間、費用は税込み50,200円でした。

まずヘッドパーツの中。ガタつきは出ていなかったものの中身はサビだらけだったようで、当初の予定通りベアリングなどを交換。
続いてリヤエンド。 何年か前に一度エンドが曲がってしまっていたことがありました。その際にエンドの部品を一部交換したのですが、今回そのネジが緩んでリアディレーラーの角度が内側に寄っていて、変速時の動きに支障が出ていたので直しましたと。全然気が付かなかった。言われてみると確かに、上のbeforeは下のafterに対してすき間が開いているように見えます。


f:id:yasaguredaren:20180527204529j:image

そのほかボトムブラケットを交換。ワイヤーもシフターとブレーキそれぞれ全部交換。ホイールはハブの中についてシマノのマニュアル見ながら説明。この型は2006年のもので関連部品も在庫限りのものが多かったとのこと。今後もし破損したときは修理不可の可能性もあるということか。
最後にフレームコーティングを施してもらい、汚れが付きにくく落ちやすい状態にしていただきました。

ついでに将来的な話として、パイオニアのパワーモニターをインストールするための最新コンポの拡張可能性について確認してきました。

結論から言うとこの古いフレームでもアルテグラR8000のコンポーネントはインストールは可能。ただしその場合はホイールを11速対応のものに交換する必要がある。そして今使ってる6600系のブレーキと一応互換性はあるものの、ブレーキフィーリングは相当変わるみたいなので慣れが必要とのことでした。

ホイールの交換は面倒です。選択肢が広がるから。今の時代は「面倒臭いからシマノで」という選び方ができません。 ひとくちにシマノといっても、デュラエース以外はアルテグラや105といった名前を冠したホイールは現行ラインナップには存在しておらず、スペックによって 細分化されています。ショップでシマノのカタログを見せてもらいましたが、種類が多くてわけの分からないことになっていました。とりあえずリムハイトは低くてよいので、あとは値段で選べばよいとは思います。というかおそらくデュラエースのC24とか選んでおけばいい的な選び方になるかと。

ホイールはすぐ必要なわけではなく、奥さんのデュラエースを借りればいい話でもあります。ただパワーモニターを付けるために最新コンポに変更することについては、パイオニアが夏のボーナス時期あたりに再び、サイコンとセット販売するキャンペーンをやるでしょうから(僕の勝手な希望的観測)、資金準備が必要だと言えます。相場が軟調でダブついている投資資金を取り崩すとか、言ってみたい。

チャリダー ロードレース男子部

NHKBS1で放送されているスポーツ自転車番組「チャリダー」。今年から新しい企画が始まっています。その名も『ロードレース男子部』。これに勇気をもらっています。

著名サイクリストの筧五郎さんを監督に、3人のサラリーマンサイクリストが練習を積んでロードレースで勝ちに行く1年間の企画です。

3人とも剛脚の持ち主なのですが、前回の放送では3人の息が合わず、上位に食い込むことができませんでした。このときのコースは伊豆修善寺サイクルスポーツセンター。普段は一般開放されていて、僕もロードバイクをレンタルして走ったことがあります。ここはアップダウンがキツいコースで、クライマー脚質でかつ、下れる人じゃないと戦えません(重心移動やライン取りなどのテクニックがないと、下りでもどんどん差がついていきます)。修善寺のレース展開&結果について「台本どおり」という人、伊織さんや文平さんを笑う人も散見されますが、僕は和やかに楽しめました。応援したくなっちゃうんですよね。

メンバー3人ともお勤めされながら自転車競技に打ち込んでいる様子がドキュメンタリーに放送されています。僕はその中でも特に消防士のシュガーさん、レースに対するシュガーさんのひたむきな姿勢に胸を打たれるんですよね。クールに熱い。フレイザードか。

もちろん伊織さんも文平さんも頑張る姿を応援します。僕もローラー台買って、オーバーホールに出したアンカーを待ちます(固定ローラーなのでカーボンフレームのキャノンデールよりは金属フレームのアンカーのほうが何かと安心、知らんけど)。

 

【追記】

伊織さんは数年前に落車で大けがをして、ICUに入っていらっしゃいます。記憶障害などが出てお仕事を変えるなど、社会復帰にはご苦労されていらっしゃるところも、応援したくなるポイントですね。

ロードバイクのオーバーホール

何年も逡巡していましたが、ついにマグネシウムフレームをオーバーホールに出しました。僕自身ショップに出すオーバーホールがどんなものか全く知らなかったので、これからやる人のために書き出してみることにしました。

今回はホイールも含んだ
「完全バラし」
「清掃」
「グリスアップ」
「再組み付け」
の基本メニューに加えて、
「ワイヤー交換」
ボトムブラケット(BB)交換」
「ベアリング交換」
を追加オーダーします。

ワイヤー交換はブレーキとシフターそれぞれで、長い間使っているとくたびれて伸びてきてしまい、制動感が落ちて反応が悪くなりますので交換します。

BBはクランクの軸を受ける自転車の心臓部。位置的にも地面に近く砂が入るほか、詳しいことは知りませんでしたがそもそも消耗品という話も。

ベアリングはホイールの車軸(ハブ)と、ガタツキはありませんがヘッドパーツの中のものもついでに交換します。この機会を逃すと次はいつになるか分かりませんので。

それと完全バラしのためバーテープも交換します。そしてチェーンは数年前に交換してからそんなに乗っておらず、伸びてもいないのでそのまま。サイコンも15年前のものをそのまま。ちなみに僕のサイコンは今どき有線なのですが、無線と違ってケイデンスを一瞬で表示できるメリットがあります!

ホイールはこれまた10年以上昔の、シマノのWH-7801。このハブのメンテナンスが今回のオーバーホールで一番楽しみな箇所です。コーンの中のメンテは素人の僕には無理。開ける過程でシールドを損傷させる可能性が高く、十数年経ってプロの手でようやくリセットできます。
f:id:yasaguredaren:20180503072506j:image

オーバーホールの支払金額は、まず大まかな基本料金と、そのほか個別にオーダーしたメンテナンスや部品交換、そしてそれに係る工賃の合計となります。今回は完全バラし30,000円+各パーツ代金とその組み付け工賃の合計で50,000円を超えるようであれば着手は待ってもらい、内容を再確認します。ざっくりした見積もりでは40,000円少々とのこと。

最終的な見積額や納期はバラして状態を見て必要なパーツを発注するため、それ次第になります。今回お願いしたショップは「GWはお客さんも少なくて暇だから早速バラしに入るけど、メーカーが休みなので完了お渡し日は連休明け数日してからはっきり分かる」感じだそうです。

続く。

老いに抗う

悩みはみんな同じようなものなんだと分かってホッとしました、自分だけじゃなかった。というのは以前気付いたとおり。で、じゃあどうするの?という問いに対する答えもだいたい同じでして。

 

年を経るごとに、
疲れやすくてなって
白髪が目立ちはじめて
体重がどんどん増えてきて
色々とムリがきかなくなって

 

年齢的な人生の折り返し地点にやってきて、老いが確実に身体を侵食しています。とにかく体力が続かない。まるで子供に吸い取られているかのよう。子供は日増しに重くなってきているけど、それ以上に元気いっぱい。こちらは自分の体重を支えるだけでいっぱいいっぱい。階段の昇り降りなんか膝が痛くてたまりません。

そして日曜日にひさしぶりにロードバイクに乗ってみて、全然ペダルを回せなくて衝撃を受けました。信号待ちからのゼロスタートとかペダル(ギヤ)がとても重くて絶望的でした。当然、インナー×ロー。

振り返れば、まだまだ元気だった30歳手前の、新宿の天ぷらつな八で食事をしたあとに胃もたれデビューしたあの日から、身体能力はピークを過ぎて転げ落ちるように下り坂。年齢を重ねて知恵や思慮深さは身に付いても、体力だけはだめでした。

育児の合間になんとか運動を。無理を承知で、なんとか運動するチャンスを。

 

で、ポチりました。週末には届くでしょう。