やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

英会話講師からのメッセージ

あなたは、「英会話」をやりたいのか、ビジネス英語のスキルを上げたいのか。多くの日本人が大好きな「英会話」をやりたいのならそれはホビーとして取り組むといい。時間がたっぷりあるならね。

英会話教室はビジネスだ。生徒に「また来たい」「今日のレッスンはとても良かった、またこの講師のレッスンを受けたい」と思わせることが重要で、その生徒の英語スキル向上は大した問題ではない。

そしてあなたはあなたのビジネスのために英語を学ぶと決めている。非英語圏の様々な国の人達とミーティングやらテレフォンカンファレンスをやろうとしている。そういう生徒には講師も真剣全力で向き合うよ。英語が話せないと仕事の幅が広がらないのかい?それならのんびりしているわけにはいかないな。あなたには時間はそう多くはない。ホビーではないということだ。

日本人はTOEICが好きだね。でも他の国の人達はTOEICを知らないよ。あれは選択肢を選ばせる、学校の入試問題のようだ。語彙力や基礎力を付けるにはいいかもしれないが、本当の英語力がつくかは疑問だ。ただ、リスニングパートのディクテーションは電車で座席に座れたときにはやってみるといいだろう。あれは明瞭な音声でショートセンテンスが続くから、ビギナーには取り組みやすいはずだ。

英会話の参考書を選ぶとき、良い悪いは英語の表記が日本語よりも多いかどうか。日本の書店に並ぶ多くの本は、英語の本なのにどのページも日本語の記述のほうが多い。そういう本を使ったトレーニングは英語の習得にとても時間がかかる。あなたが英語をホビーでなくスキルアップの手段として学ぶなら洋書が良いだろう。もちろんビギナーなら日本語のサポートがあったほうが最初のうちは良いだろうが。

ロードバイクの機材について

ヒルクライムには機材の軽量化が必須」という主旨の考えに異論を唱えている知り合いがいて、個人的にはどうでもいいのですが、自分の考えとしても、どうでもいいっていうか。

 

家電と似ていると思います。

 

よりハイスペックな家電を手に入れると、毎日の生活がより豊かに、快適になります。それと同じで、デュラエースのホイール、電動コンポ、軽量カーボンフレームがあれば、上級者と一緒にヒルクライムを楽しむことができます(お金をかけたうちの奥さん、上級者の友達とのサイクリングが実現、良かったね)。

 

家電と似ていることのもう一つは、所有欲。7kgを切るスーパーマシン/100万円なんて手に入れた日には、もう乗らなくてもいいや。リビングに飾って眺めていたい。これは一眼レフカメラとも似ていて、例えばキヤノンの白玉、Lレンズ。これはもう、シャッターを切る切らないとは別。そしてこれを使えば、娘や奥さんが、より可愛く残せるのであれば、欲しいです。そういうものじゃないでしょうか。カネで買えるタイム、じゃなかった、快適さ!

英会話教室みたび

英会話教室にみたび通いはじめました。後から後から英語に堪能な人達が入社してくる。異動したり退職したり、英語をしゃべれないメンバーは50代を中心にわずか数人を残すのみ。

 

で、以前通った英会話教室に、また入学しました。今度はキャンペーン期間限定じゃない。1年で70回くらいレッスンを受講するちゃんとしたコース。もちろんレッスンはマンツーマン。

 

海外メーカーとの英文メールのロールプレイングをやっているけど、フルボッコにされている。これがキツい。

 

この文はdoesn't make senceだ。

末尾の一言が唐突にtoo casualで真剣味をなくす。

時制の一致にaccuracyがなくて読み手を混乱させている

説明のパラグラフが長くてmessageがボヤけている

全体的に頑張り過ぎでindirect、伝わりづらい。

 

辛い。

苦しい。自分がもう少し英語デキるとか思い込んでいたから、その勘違いに気付かされて、なおさら辛い。

だけど、留学経験者なんかは、異国の地で数倍キツい思いをしてきたんだよね。大学で専門的な学問を外国人と机を並べて学び、ディスカッションやレポートをやりながら英語の勉強にも取り組んだわけです、きっと。

 

でもキツいよ。家庭持ってからじゃ本当にキツいよ。分かる。分かるよ。自分が悪いんだ。若いときに取り組まなかった自分が悪いんだ。でもさ、赤ん坊を育てながら、仕事の資格試験を勉強しながら、英会話の予習復習。キツいよ。

夜寝る前に、価格.comでLレンズ各種のクチコミを読むのが密かな楽しみ。

下剋上受験のつるかめ算

下剋上受験のつるかめ算を見て思い出した。ドラマと似た感じで手を挙げて、前で解いたのは僕と鈴木くんだった。

 

僕は□(しかく)を使って小学生らしい解法を示したが、鈴木くんはxとyのアルファベットを使って立式し(後に連立方程式と知る)途中で先生に止められた。彼は四谷大塚の正会員だった。

 

僕は鈴木くんとはとても仲良しで、テクニカルに解こうとした彼がとてもカッコよく見えたと同時に、彼を止めた先生が憎たらしかった。その先を、名門私立中を受験する彼の解法を見たかったのだ。

 

ちなみに彼は理科の授業で前科がある。僕と二人で挙手をして、内容は同じだったけど彼は「膨張」という言葉を使い、どこで覚えたのかと聞かれて素直に「学研の教材」と答え、先生をイラつかせている。

 

そもそも彼のご両親が薬剤師だかで、彼のでっかい家に遊びにいくと、ご両親のきちんと感がうちにくらべてハンパなかった。彼の自室には家庭用のコピー機があって、彼の科学雑誌をよくコピーさせてもらったものだ。彼は後に巣鴨中に進み、妹さんは「俺は開成落ちたのにアイツは桜陰に合格しやがった、くっそー(笑)」とのこと。

 

僕も両親が立派で、進学費用に余裕があって、僕にもやる気があったなら、巣鴨に行けただろうか。自校でもないのに僕の大学合格発表についてきてくれたりもした鈴木くんは、現在は医者として活躍している。

大学入試の試験監督

アルバイトで大学入試の試験監督をやったことがあります。

 

英語、国語、数学の3科目で8,000円程度だったと記憶しています(学部によって科目数も報酬もまちまち)。

 

割り当てられた大教室は200人はいたと思います。教授が1名と学生が4名の計5名。教授は教壇の上に、学生は四隅に分かれた後、そのエリアをうろうろ。楽勝バイト!

 

見渡すと受験生。1年前は自分もそこにいたんだよなぁ、とか思いながら眺めます。

 

不正行為、見ていて大体分かります。

 

みんな一心不乱に解答している中で1人だけ違う動きをするから、とても目立ちます。しばらく眺めて、その後巡回しながら机上の受験番号を確認。スタスタと教授のところへ。教授の持つ紙に番号を書いて報告終了。割とあっさりしたものです。

 

自分とそれほど変わらぬ年齢でしょうが、まだ幼さの残る男性でした。不正行為はダメだよ。受験は努力が反映されやすい、とてもフェアな世界。出題者の意図を読み、問われたことに過不足なく答える。シンプルな世界。

 

試験監督は敵ではありません。受験生が公平に試験を受けられるように秩序を守る、受験生の味方です。ベストを尽くしてください。

意地悪に対する意地悪返し

ここに来るまでに5人潰したとかのたまった大手広告代理店取締役常務、もし本当なら最低だな。部下を潰すクラッシャー上司に対して「上司クラッシャー」なんていう笑い話を目にしたので、意地悪返しについてちょっと書いてみる

相手が嫌がることをするのが意地悪なら、意地悪返しも相手が嫌がることをするのがポイント。それも徹底的に。

生きていると意地悪な人間に遭うことがある。どうしても避けられず、時間を共に過ごさざるを得ないこともある。特に、ヒエラルキーを利用して、パワーを勘違いした意地悪も少なからず存在する。

意地悪な人間の中には、それを意地悪と思わず意地悪をする人がいる。そういう人は意地悪という概念を持ち合わせていないからタチが悪い。

そんな意地悪な人間に、時には徹底的な意地悪で返すこともある。そろりそろりと静かに、水底を這うように近づいて、堀を張り巡らし、落とし穴を掘り、撒き菱を散らして、動けないようにする。

痛みを感じるのは動けないストレスを感じた本人がアクションを取ったとき。こちらは安全地帯から眺めるだけ。「○○さん大変だねー」という周囲の声に黙ってうなずくだけ。決して直接関わってはいけない。自分は絶対に安全圏から出てはいけない。


意地悪返しは自分と相手の間でしか成立させない。そして意地悪返しは周囲の人には好意的に受け止められて、自分がいないところで

「やさぐれって、いつも誠実だよね」

と言ってもらえるスキームに組み上げることが重要。相手を踏み台にして、意地悪を返すついでに自分のレピュテーションを上げる。絶対に落としてはいけない。意地悪返しは諸刃の剣。ミスると相手と同類、意地悪な人間として認知されて居場所をなくしてしまう。それだけは避けなければならない。

周囲の人の利害を常に意識しながら、


プライドの高い人間ならば、そいつがいつも小馬鹿にしている人間に頭を下げさせる

見栄を気にする人間ならば、第三者の評価を少しずつ落とすような印象を周囲に植え付けて、周囲の人がそいつに対する違和感を勝手に膨らませていくプログラムを走らせる、かつ本人が薄々自分で気付くような環境を組み上げる

常に威張り散らす小心者には、心の隙間に見え隠れする不安を膨らませて、見えない敵を勝手に作り出させて無駄に悩ませる

独裁者には、周りに助けを求めざるを得ない状況にして、一方で誰も助けてあげられない仕組みを組む


昼ドラ的な幼さは出さない。誰にも言わない。気付く人も少なからず出てくるけど、そういう人は大体が自分と同類。意地悪返しの概念を持っている人。僕自身も、あの人上手いことやるなぁ、と思うことがある。

 

そいつが本当に嫌がることはなんだ?

そいつが恐れていることはなんだ?

半沢直樹なんて片腹痛い。今さらだけど。

ぐずる乳児にローラー台の音はビニール袋のガサガサのように有効か?

今週のお題「2017年にやりたいこと」

「ふえぇん」と弱々しい声を出して数十秒、

「ゥッブ、、ぶぁああン、ぁんぁん」と泣き出す娘。

 

でもビニール袋をガサガサやると、ぴたっと泣き止み、濡れた目でこちらをじっと見つめます。ドビュッシーも、水曜日のカンパネラも、大学の応援団もかなわないビニール袋のガサガサ音。

 

ここで、ふとひらめきます。

ローラー台の騒音は、どう?

 

最近はいい子いい子であまりけたたましく泣き続けることのない我が娘ですが、チャンスを見つけて検証してみようと思います。

 

あとはデジタル一眼で星空撮影とか、懐かしさに負けてポチってしまった30年前のプラモデルとか、10年選手のロードバイクのオーバーホールとか、やりたいことはたくさんあるけれど、難しいだろうーなー。