やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

僕は宇宙か桜を必要としている


f:id:yasaguredaren:20180922233811j:image
f:id:yasaguredaren:20180923001636j:image

今の僕に必要なホイールはディープリムである。数時間前まで「ホイールはデュラエースC24で組む」と言っていたけど違う、錯乱していたがゆえの世迷言だ。ショップで店長とすり合わせしていたとき僕は明らかにヴィゴレッリしていた。お店で常連さんのコスミックカーボンが目に入った瞬間、僕は僕とお店で待ち合わせていた知人に「平地でディープリムってどーですかねー」という背中を押してください、いや、何なら突き飛ばしてください、とばかり回答一択の愚問を口にしていた。ニヤリと笑った知人、この知人、片手じゃ足りない台数のスポーツ自転車を持ちこのショップをもはや車庫としている常連の知人はスマホ片手に今話題のやつがあるんですよねーと用意していたかのようにブックマークからページを読み込んでホイールの画像とスペックや性能諸元のデータを見せてきて、そこから僕は記憶がない。これいいですよね店長、と知人が店長に話をふり、店長もそのカーボンホイールはーシマノの元技術者が開発しててーリムは軽量でーよぉく回るハブでー性能の割に20万円でお釣りが来てーチューブレス対応でースポークの組み方を選択できてー、とこれまた穏やかな笑みをたたえて尊いサンスクリット語を唱えてきて僕は天平時代の大仏造営の寄進を求められた農民が行基に感じたであろう尊い光を見た。ただかろうじて踏みとどまった。今日は注文しなかった。効果不効果いや幸か不幸か、いや幸いにも残念ながら日を改めて足りない部品を持参しなければならなかったからだ。サドルを忘れたのだ。オー、シット!いやこの瞬間の恍惚をもう一度得たかったから、興味のない素振りをした。必死だった証拠に汗をかいた。知人も店長もニコニコしていた。

 

落ち着いて考えてみよう。

 

自転車は関係ない。ロードバイクライフではなく僕の人生における今回のヴィゴレッリロードの役割、立ち位置は破断してしまったマグネシウムフレームと同様に完全平地用なのだ。間違っても山には行かない。いや間違って山に行くかもしれないが、それは錯乱しているがゆえにだ。山はSUPER SIX EVOというデュラエースDi2で組んだスーパーマシンがある。平地とはつまり週末の早朝、娘が寝ているうちに河川敷をギャッと走って、娘がミギャーと起き出す頃には素知らぬ顔で朝食の準備をしている。爽やかママには決して敵わないが、爽やかパパを気取るには短時間だけど巡航速度は35km/h以上で頑張らなければならない。アマチュアの身としてここで40km/hと書けないことに何ら劣等感は無い。何ら劣等感は無いけれども、それはそれとして勾配無しカーブ無し直線主体の平地実走で短時間高強度の練習に必要なのは50ミリ前後のリムハイトなのだ。24ミリの軽量アルミリムなんかでは決してない。山行くんじゃないんだから。そして今僕は決してヴィゴレッリなんかしていない。公称下戸の僕はお酒を飲まないから気のおけない仲間と居酒屋に入っても酩酊するくらいで決して酔わない。頬が紅潮して多弁になって倦怠感に襲われてよく眠れて帰りの電車で座ったら最後寝過ごすくらいで決して酔ったりなんかしないのに似ていると思う。

 

キヤノンEOSR?なんですかそれ?僕の8000Dとどう違うのですか?それで巡航速度上がるんですか?コーナーが連続する工業団地内でのクリテリウムを戦えるんですか?え?レンズアダプター?マウントEF-Sじゃないなら興味ないですすみません今急いでるんでごめんなさい。

 

僕は冷静だ。

ヴィゴレッリロード注文します

自転車仲間に一様に勧められたショップに恐る恐る相談。チネリのヴィゴレッリロードが欲しいです。すると強面職人肌の店長さんが、黄色は無いけどパープルのSサイズが1本だけ取り寄せできるとのこと。パーツが揃えば2週間で乗れるよと言われ、奥さんと相談してきます!と雨の中を傘もささずに宮沢賢治のように曲がった鉄砲玉になって飛び出したわけでもないですが、以来、頭の中はヴィゴレッリ一色、筋トレしててもヴィゴレッリ、仕事中もヴィゴレッリ、好きなオペラはヴィゴレッリ、好きなリコーダー奏者はヴィゴレッリ、イタメシ屋ではヴィゴレッリ、We areレッズはヴィゴレッリ、雲を破りてヴィゴレッリ、ショーシャンクの空にヴィゴレッリ。錯乱。

コンポーネント一式は奥さんアルテグラ6870をベースにホイールも奥さんのデュラC24。スプロケとサドルはとりあえずは自分の。スプロケは完全に平地用のセッティングで23Tが欲しいけど、とりあえず手持ちの25Tで。ピラーは奥さんの高いカーボンのやつ。ただクランクだけは奥さんのクランク長が165mmと短めのため新調予定。クランクだけR8000で6870(6800)と互換性あるかしらん?フロントディレイラーは6800で問題ないかな?平地用だしハンドルは奥さんのこれまたカーボンの高いやつ380ミリをもらおう。サイコンも年内はとりあえず奥さんの心拍が取れるキャットアイパドローネを。自分のキャットアイ(有線式)は15年くらい前のものだから現代の仕様にキャッチアップしたい。そしてこの機会にパイオニアのパワーモニター欲しいぞ。だからこそクランクはR8000にする必要があります!

明日の午後、ショップにフレーム発注とパーツのバラしのための持ち込みをします。どうやって2台もっていこう?

 

ヴィゴレッリロードを検討中

f:id:yasaguredaren:20180920081113j:image
ちょっとしたことがあって新たにロードバイクの購入を検討中です。平日は自宅でローラー台に使って、週末の朝にサクッと河川敷を走る、そんなに高性能なカーボンとかでなくもっと安価で気軽に扱える、できればクロモリフレームを。手元にデュラC24と電動コンポ(アルテグラ6870)一式がヒマしているので、それをうまく活用して組み上げようかと。

チネリのヴィゴレッリロードがいいなぁとぼんやり考えていて、これかなり個性的なやつなんですよね。で、それがいい。新しく発表された2019年モデルの紫のペイントもなかなかかっこいい。もちろん赤×黒×黄のも目を引いてよい。例えばせっかくの電動コンポをアッセンブルするのにあえてフロントシングルとか

クロモリならアンカーとかパナソニックとかほかにも選択肢があるのですが、アンカーは値段の割に重いのとパナソニックは近所にオーダー対応できるショップがないことがネック。少し見栄を気にしてそこそこ知名度のあるブランドがよくて、ラレーよりはもう少しレーシーなやつで、コルナゴのマスターXライトやデローザのネオプリマートほど気取らず肩肘張らず高価でなく、それでいてマグネシウムフレームに代わる個性的な1本に乗りたいです。

ただなぁ、ショップ難民なんですよね。

ローラー台で勉強することにしました

FF13をクリアして、自分の人生におけるゲームの非生産性を十分に理解しました。ローラー台トレーニングが進んだ点では有意義でしたが、もう少し何か人生のプラスになるコンテンツは無かったのでしょうか。ゲーム以外のローラー台コンテンツとしてバチェラージャパン2も面白かったですが非生産性は変わらないのと、「茉里乃切り」で一気に冷めてFF13に戻りました。せめてゲームソフトは最新のものを

 

レーニング中、勉強系のコンテンツを視聴すればよかったのですが、実際チラッと思ったりもしたのですが娘の午睡中なので音は出したくありません。娘が起きたらすぐに気付けるようにヘッドホンも不可。FF13は完全無音でもプレイできましたが、勉強系は無理だと思っていました。あとひさしぶりのFF13に興奮して真剣に考えていませんでした。でも日本語字幕を表示すれば学べるものもあるのでは?

完全初学者としてあまり役に立てられず中途半端になってしまったNHK中国語講座を発音をある程度無視して再開してみるのと(ピンインがあるし)、放送大学で社会人としてもっと実用的な、統計データの扱い方とかファイナンスとか会計学とか(実務から3年も離れている僕の知識は古すぎ)、そういうのをやろう。テキストを目の前で見られるようにバイクの前にスタンドを設置するか、ハンドルバーに置ける工夫をします。

膳は急げと水曜日に資料請求して金曜日に放送大学の願書一式が到着。簡易書留9/20必着締切に間に合うように手続きします。新しい学習を始めるこのワクワク感っていいですよね!

レースを終えての小ネタ

今回は本当にひさしぶりのレースイベントで何をどのように準備したらよいかよく分かっておらず、1週間前からネットで調べて試行錯誤の日々でした。

まず食事の話。当日の食事は寝坊したこともあり、行きの車中で前夜に買っておいたエネルギーゼリーを2つ。当初の予定ではサラダチキン✕サラダ✕絹どうふの予定でした。あとおにぎりをたくさん作ってきてくれた同僚がいたので、会場でおにぎりを3つ食べて準備万端(あとエネルギーゼリー✕1個)。大感謝。ちなみにカーボローディングは必要ないと思いましたが、とりあえず3日前の水曜日からカレーライスなどを食べています。リバウンドは1キロ程度。

 

次に機材の話。タイヤはマビックの『イクシオン』。購入から3年経ち、大した走行距離でもないのに写真のような穴が空きはじめました。
f:id:yasaguredaren:20180910154729j:image

ガラスとか踏んじゃっていたようで、このような穴や裂け目は10個以上ありました。下地?繊維が出ている箇所もあり、ショップのメンテナンスでもタイヤの交換を勧められていましたが(アンカーはOHしたけどキャノンデールはメンテナンスとホイールの分解までしかお願いしていません)、そのときはまだまだ走れると思って先延ばしにしていました。ところがレース前に改めてチェックして、これはバーストのリスクが大きすぎると気付いたものの、前日に思い直しても遅すぎ。そこでゼリー状の瞬間接着剤で一つ一つ埋めることにしました。こんなことしているから就寝が1時半とかになってしまったわけですが、幸い当日はトラブルなく完走することができました。


f:id:yasaguredaren:20180910154751j:image

 

続いてバーテープ。決戦用のウェアと色が合わず、かと言ってそんな見栄のために3,000円とか4,000円とか払うのもなんかなぁ。そんなときに六本木のあの選手がタイミング良くバーテープ交換をされていたので、早速見習うことに。テニスラケット用のグリップテープです。それまでのテープが左右合計で40gちょっと。新調したテープは左右合計4本で20g程度でした。とても薄くてクッション性は皆無ですがウェットグリップ?グローブに吸い付く独特の感覚で、短距離決戦には持ってこいのパーツだと思いました。f:id:yasaguredaren:20180910155245j:image

 

ドリンクについては、今回は距離わずか20kmの実質TTなのでボトルは無し。同僚みんなからボトル無くて大丈夫かと言われましたが、予想通り走行中はボトルに手を伸ばす余裕がありませんでしたので無くて正解。もちろん暑かったし、用意しておいたドリンクはバトンタッチ後にがぶ飲み。

 

車載はこれまではラクティスの後部座席を畳んで夫婦2台分を載せていましたが、娘が生まれてチャイルドシートの存在もあったためミノウラの車載ベースは使わず、メンテスタンドと百均の布団縛りひも?で車内に固定しました。フォークは古タオルを巻き、車内は安いペットシートのワイドサイズを敷いて汚れ防止をしています。

 

反省点としては、会場が初めての場所でしかも広大な公園のため、駐車場の入り方でミス。はじめ受付から一番遠い駐車場に入ってしまって、そこからリカバリーするのに15分かかってしまいました。ただでさえ娘のぐずりで出発が遅れていたため、チームには大変な迷惑をかけてしまいました。

あとはレース中、カメラマンが要所要所にいるので、もっと笑顔で手を振った写真を増やしたかったですね。人生賭けてるとかじゃなくて遊びなんですから。一周目は実質試走、下見とはいえ真面目な顔で走ってしまいました。

そして前日は早く寝る。そのためにバーテープ巻きやタイヤのチェックは前夜まで残しておかない。次の機会があれば、前日にやることは車載だけにします。

リザルトも写真も公開が楽しみです。

復帰戦は目標達成

目標としていたトライアスロンイベントはおかげさまで半分より上という順位目標を達成できました。最終周回で少しタレてフロントをインナーに落としてしまいましたが、ドロップハンドルの人に抜かれることはなく、無事に完走できました。まあ前走者のスイマー(同僚)がめちゃくちゃ速かったのもありますが。

無事にといえばヘアピン手前で追い抜きをかけてきたTT車が1名いて殺意を覚えましたが、まだ若い方だったので今後に期待。TT車の人たちは総じて速かったですね。以下、雑感。

減量は8キロで本番の体重は59キロでした。減量自体は食事管理でだいぶいけました。ただし筋肉も減っていくので筋トレ必須です。そして練習量は裏切らない印象。これは間違いない。20kmを走り切る感覚、メンタル。あとはやはりスタミナ不足。乗り込みというか、追い込みが足りなかった。本番を振り返ってみて、実質TTなので、速く走るというよりは淡々とペースを刻むイメージで間違ってなかった。それとレバーのストロークがとても小さく、長押し対応の電動コンポ最高。

結論として、この3ヶ月はとても楽しかったです。3年ぶりのちゃんとしたロードバイク、10年ぶりのレースイベントとしてはまずまずの結果でした。また冬に何か目標を定めて挑戦してみたいと思います。

今週末はイベント復帰戦

8月の走行距離は180km。うち実走は60kmくらい。乗れそうな日に限って雨が降った気がするし、ほかの何かを犠牲にすることなく、子供第一のすき間時間活用としてはそこそこ走れたのではないでしょーか。1000km前後の方々が軒並みいる中で公言するのが少し恥ずかしいけど胸を張ることにする。

5、6、7月は条件を整えて自転車通勤の日を作るなどかなり意地になった部分もあって200〜250kmくらい。それに対して8月の180kmは、特に後半は疲労回復のために乗らなかったり。ちなみに子供を乗せて電動アシスト自転車で走った距離はこれとは別に50kmぐらいはあるので、そっちのほうが胸を張れる。電動アシストがあるとはいえ車重30kg子供11kgなので秋ヶ瀬公園とかのTT区間を頑張るとなかなかです。8月は毎朝4時すぎに一度目が覚めたのだけれど、ローラー回して子供が起きちゃって奥さんに迷惑がかかるのは避けたいので、スマホ片手にヒップアップしたり、六本木の人のやつ読んだり。

走れる環境であればもちろん毎月1000〜1500kmくらいは走りたい。毎週末150km✕4回+ローラー台30km✕20日=1200km 
もしも独身で勤務先がカジュアルウェアOKで、家事を最小限にすることができるなら余裕。TVゲームやアマゾンPrimeビデオのコンテンツによってはローラー台だけで800kmいけるかも。っていう皮算用が意外に楽しい。

今週末は3年ぶりの自転車復帰。ちゃんとしたレースイベントだと菖蒲町クリテリウム(現・行田クリテ)以来15年ぶり?あのときは友人のつきあいで参加していて、練習もせず40人エントリー2人DNSの35位とか36位とか金払って寒い冬の朝早くから遠いとこまで来ておんなじところをグルグル回るだけで、友達みんなカテゴリーがバラバラに違うし寒いし疲れるだけだし超つまんないとか思ってました。モチベーションも低空飛行。シリーズ最終戦なんか寝坊して、スタート時間に師匠からの電話で起こされるというやる気のなさ。ほかの参加者の方々には迷惑極まりない参加者、けど集団最後尾で後半は千切れていったわけだから、実質無害っていう。最終周でトレイン組もうと声をかけてくださったカスクの初老の方と、3枚目付きますって叫んで相乗りしてきた若者はともにお元気だろうか。

順調に昇格していき疎遠になっていった友人の言うとおり、月間走行距離は裏切らないと思います。生存者バイアス?違うな。走行距離≒練習量に比例して心肺機能、持久力、バイクテクニックが上達するはずだし、それだけ練習したという自信にもなる。

だからここにきて、やっぱり練習量が全然足りないよなぁ、と弱気にもなるわけで今週末はとにかく無事に到着してスタートラインに並び、落車せずに完走して自宅まで無事に帰る。これが第一目標。あとはヨーイドンではなく、前走者のスイマーからバトンタッチ。業務と関係ない同僚の姿がとても楽しみなのだ。