やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

HGUCガンキャノン、カッコいい!

新幹線で産声をあげたHGUCリバイブガンキャノン。すき間時間で、改めて確認しました。

 

f:id:yasaguredaren:20171216101050j:plain

 

カッコいい。カッコいいけど、何か新しい。スマートなカッコよさ。頭が小さい! 全体的に細い!僕の中のガンキャノンはもうちょっと寸胴で、脚がもっと太くて、ずんぐりしたイメージだったのですが。でも、まあいいです。カッコいいことには間違いありません。ベストメカコレクションから30年を経てスタイリッシュになりましたね。

 

僕の中のガンキャノンは小学生のとき週100円のお小遣いをためて、家から自転車で30分、遠く離れた20%引きのお店で手に入れた1/100リアルタイプガンキャノン。あれなんですよ。近所のガキ大将に見つからないようにキョロキョロしながら持ち帰って、わくわくしながら作りました。懐かしい。だってちゃんと太ももも足首も動くし、コアファイターもむき出しじゃない。しかも色が超カッコよかった!

自分の中の思い出の、あのカラーリングを再現してやりたいですね。

HGUCガンキャノンを作ったよ

ひさしぶりにプラモデルを作りました。
f:id:yasaguredaren:20171212190441j:image

出張先で購入し、新幹線で組み立て完成。パチ組みなら製作時間1時間です。簡単。今回は塗装をしたいので当然、ゲート処理はやってません。今後、接着剤をベッタリ塗ってガッチリ接着、必要に応じてパテを盛って木工用紙ヤスリでガリガリと形出し、耐水ペーパー600番で整えてサーフェーサー500の重ね吹きで下地処理完了の予定です。当分先になるとは思いますが(^-^;

 

お手軽フィニッシュの場合はちゃんとゲート処理します。でも今回のガンキャノンは昔懐かしいリアルタイプカラーで仕上げたくて、1年以上前からずっと製作の機会をうかがっていたのです。なので組み立ては超適当。とにかくやっと一歩踏み出しました。

ひさびさのプラモデル製作は本当に楽しかったです。新幹線の中というアレな感じでしたがサクサク作れました。ギャルの目線にも負けず頑張りました。途中でバイザーのクリアーパーツを無くして床下をキョロキョロして、高そうな着物のご婦人から親切に声をかけられたりしましたが、外国人のふりをしてうまくかわしました(終点に着いてから後ろの座席下に発見)。ヒートプレスやる気満々だったのですが見つけてしまいました(^-^;

今回使用したミネシマのニッパーは実売価格500円程度でしたが、新品ということもあって値段の割に悪くなかったです。僕はもう20年以上タミヤの2,000円くらいのものを手入れして使い続けていますが、こだわらなければこのミネシマでも十分ですね。ちなみに切れ味を表現するなら、今回購入したミネシマのは「ヌメッ」、タミヤのは「スルンッ(正確には手応えなし)」。小学生のときのニッパーは「パチンッ」でした。ミネシマの安価なものがタミヤのように長持ちするかは分かりませんが。

 

ゲート処理といえば僕は関節系、だいたいはグレーの部品なのですが全塗装でもゲート処理は全くやりません。面倒ですのでやりません。近年のガンプラは、関節系は外装に包まれたり挟まれたりして表に出てこないことが多いのです。表に出るところは組み立て後に処理が可能なことも多いし、仕上げにこだわる前にまずは完成させないと。

僕の場合ディスプレイは棒立ち一択なので、どうせ見えなくなる足裏なんかも同じく手抜きします。手間なので墨入れもしません。子育て中の身としては、時間をかけて処理を施しても見えない箇所では費用対効果が悪いです。ガンプラの場合、だいたいはまず顔、そして次に胸やコクピットまわり、そしてクリアーパーツやアクセントの色がふられた箇所を重点的にいじって、それ以外は余力があればという感じです。プラモ狂四郎を読んでいた頃は魂を込める的な感じで丁寧にやっていましたが、今はムリ。モチベーションが低下しないうちに形を出したいって思います。

以上、今日はガンダムのプラモデルについて製作報告でした。

埼玉のラルプデュエズ

出張中の新幹線で気晴らしに思い出をつづります。

それが僕のアンテナに引っ掛かってきたのは2014年の春だったと思います。都内から引っ越してきた埼玉自転車初心者の僕のSNSにそれは流れてきました。

埼玉のラルプデュエズ@ときがわ町

仲良くしてもらっている自転車団体の方々が口々に

「前輪が浮く」

「後輪がスリップする」

なんじゃそりゃ。それまで走っていた都内の臨海地区はほぼ100%ど平坦。坂なんて橋を渡るときぐらいの、どルーラーの僕@F39×R23。

ダメ、絶対。絶対に行っちゃダメ。

 

4日後。

僕の目の前に、それはありました。
f:id:yasaguredaren:20171210090226j:image

ここから見える部分は、大したことない。ハーゴンとかゼムスとか頭の悪そうなほうのセフィロスはたまたアリーナに頭を叩き潰されるデスピサロでもいい。かませ犬、ザコキャラです。ヤバイのは、あの先。民家につながれた飼い犬がギャンギャン鳴いたのは「引き返せ」ってことだったんだなぁ。

 

ここのヤバいのは斜度だけでなく、休むところがないこと。激坂が延々と続いて、一度足をついたらそこで試合終了。二度と漕ぎ出せません。ビンディングだと落車(転倒)します。

 

表現するなら、腕や脚がピキピキする、スタート2分で心拍数が180オーバー、鼻血が出そうになる、進まなくなってペダルの上に立つ(スタンディング)。あきらめて引き返すときも激坂なので大変でした。とても後悔しました。まるで、ギルの洞窟。15年前、山サイ時代にMTBでケンカを売って返り討ちにあった子の権現以来の後味の悪さでした。

 

大人の趣味は自己責任。鼻たれの僕にそれを痛感させてくれた激坂でした。

報道特集「色覚異常」

今日のTBS報道特集色覚異常」。僕の色覚異常で分かっている判別の難しい組み合わせは、赤と緑と茶色、橙と緑、白と水色とピンク、青と紫、灰色と緑。橙と緑を見分けられないことに気付いたのは30歳になってから。色覚検査はやった方がいいと思う。異常かどうかじゃなくて、何が見えて何が見えないのか知るために。検査やらないと自分じゃ気付けないまま大人になる。劣等感を持つものでもないし、会社の同僚も助けてくれる。じゃないと仕事ミスるし。隠すものじゃない。
ただ中学1年の健康診断で「はい、異常~!」とへらへらしながら楽しそうに言った数学の大沢という男性教師のバカにした態度だけは忘れん。

 

あとは母親が今でも自分を責めているので、いい加減もういいよ、お母さんは悪くないんだよと言っている。ごめんよ、僕は少しめんどくさくなってきている。

ロードバイク処分?

うちにはロードが3台あります。

僕のが2台と奥さんのが1台です。

僕のは友人から譲ってもらったブリヂストンアンカーのマグネシウムフレーム(平地用)と、キャノンデールのカーボンフレーム(ヒルクライム用)。

 

うちの3台はいずれも銘車です。コンポも良いものです。バイクラックで室内保管していますが場所を取ります。どうせ乗れないので処分するか、いいバイクなので、大切に乗ってくださる方に譲る/貸すのがいいかな、と思ったりします。

でもやっぱりいずれも思い出いっぱい、愛着が湧いていますので手放すのが惜しいのです。娘の笑顔を手土産に、曾祖父宅の離れに置かさせてもらえないか相談してみようと考えました。

自転車、仮復帰

職場復帰した奥さんがいよいよ忙しくなり、朝の保育室送りを僕がするようになりました。抱っこひもを使って小径車(折り畳み自転車)で連れていきます。

 

ドロップハンドルじゃないし、万が一に備えて足をべたっと地面につけられるようサドルは低いし、ロードバイクとは何から何まで異なります。しかも胸に10kgの、もぞもぞ動く米袋みたいなのをくくりつけています。ウェイトトレーニング

 

変速機がリヤに6段付いているので、軽めのギヤでちゃらちゃらと高めのケイデンス。パワー出力も一定を心がけて、自転車リハビリが始まりました。フラットペダルなので、降りるときに足首をひねらないのが違和感ですが、じきに慣れるでしょう。

枯れ果てたのか

更新を楽しみにしているブロガーさんのある記事を読み、失礼ながら少しホッとしました。自分だけじゃなかったんだと。

 
f:id:yasaguredaren:20171106191644j:image

家事と育児に追われる毎日。隙間時間はとにかく眠い。勉強や読書に充てられるまとまった時間は皆無。この間も某試験をあと一歩のところで滑ってしまい、もうなんか本当にやるせない。成長が止まってしまった気がしてなりません。英会話は言い回しのストックを一向に増やせないし、仕事は手抜き&業務量削減に注力、社内政治ばかりが上手くなったような。一概に悪いとは言えませんが。

 

子供が動き回るようになって、写真を撮ることも難しくなりました。そもそもシャッターチャンス自体が「写真なんか撮ってる場合じゃない」的なシチュエーション。たとえば本人の気の済むまで散らかさせて「やってやった!大満足!」という満面の笑みを見たいのに、それが叶わぬジレンマです。片付けた積み木とか、畳んだ洗濯物とか。

 

子供は大きなケガや病気もなく、すくすくと成長しています。あぶあぶ言うだけで会話はまだできませんが、こだわりが強くなり自己主張するようになりました。構ってもらえないときの涙の出ないギャン泣きとかやるようになりました(ウソ泣き?)。日に日に人間らしくなっています。本当ならそれだけでも十分幸せなんですよね。なのに何か満たされない空虚な感じ、気だるさと虚無感のない交ぜになったこの気分は何でしょうか。そしてあれはダメこれもダメと言い続ける毎日は結構ストレスフルです。