やさぐれメモ

やさぐれた30代男性の自由帳

受けられないはずが、受験できる

ミスった。マジでミスった。昨年秋に受験してスベった検定の春試験に出願し忘れていて、思い出した時にはすでに出願締め切りになっていて

 

ああもう何やってんだ自分のバカバカバカすっげぇ自己嫌悪ぐあぁーうぐぁーんんんぐぐぐまあもう仕方ない悔やんでも悔やみきれないけど気持ちを切り替えよう次の試験は秋かしょうがない半年後だ半年後に再挑戦だそれまで充電だ

 

と油断してたんだけど、なんと昨日受験票が届いて、どうも出願開始の日にちゃんと手続きをとっていたみたいで、手続きしたあとすっかり忘れたまま勉強開始、そして出願締め切り後に出願し忘れたと思い込んで全然勉強してない。アホだ。突然受験票が届いて 1ヶ月後に試験、なんだこれ。

 

とりあえず、ラッキーか。

ラッキーですな。

なんでもかんでもすぐに Twitter にどんどん上げれば?

Twitterって流行ってます(ました)よね。僕は2010年頃にちょろっとやったくらいですが。みんなやりたければAmazonからの感謝状とか、何でもかんでもTwitterに上げればいいと思います。そういう人は何でもかんでもツイートするから、少し遡ればすぐに特定されます。

 

というのも、そういう人のなかには「買ったら不良品だった」の報告ツイートを画像付きで延々、販売店でも金品の要求すれすれの理不尽なクレーマーっぷりを自慢。そういうの、そこそこの規模の消費財メーカーだと企業エゴサーチ専門会社と提携していて、マーケティングと法的対策の二つの角度から毎週(毎日)レポートが配信されています。学生も含めて社名(ブランド名)&ポジティブ/ネガティブワードで機械的に検索抽出、一覧にされてます。即日、関係者に全部見られてます。丸裸にされてます。

19XX年生まれ、男/女、家族構成、ペットの有無と種類、趣味嗜好、職種、政治的信条etc.お客様相談センターの対応レポートと突合されて、商品の購入履歴、購入金額/頻度、時間帯まで丸裸になって社内関係者に配信されていますから。ひと昔前のSF感がハンパないです。

 

と言ってみるテスト。

FP&A

Hi Yasagure-san, 

*****

I see you are currently doing something a bit different, but are looking for new opportunities. Are you interested in returning to a FP&A focused role?

*****

こんな感じのメールをいただいている。プロフィールからやっぱりFP&Aがしっくりくるのかな。経営企画というかFP&A。

にしても、どんなに立派な学校&経歴でもインタビュー(≒お茶)のセットアップができない人って、いるのねん。もう面倒だから一番最初の返信でさっさと電話番号教えることができれば、すんごく楽。

ただ申し訳ないけど正直な話、育児中だから業務終了後にわざわざ都心に行くのは厳しいです。

 

氷河期キツいよね

LinkedInに登録している人たちのプロフィールを見ると、どこの国の人もみんな輝かしい学歴と華々しい経歴で圧倒される。日本人も欧米の立派な大学を出て、人類の誰もが聞いたことのある業界を代表する会社でそれぞれ具体的な経験を積んでいる。自分のプロフィールが非常にみすぼらしく見えてくる。それでもいろんな会社のリクルーターからポコポコとアポイントメントをもらえるようになって、ちょっとホッとしていますが。

やはり多い引き合いはファイナンス
Would you be interested in going back to finance?

 

でも僕のファイナンス知識は既に古びている可能性大。特に企業価値評価なんかは新しい会計基準と手法がどんどん出ているはず。それに僕の管理会計の経験はExcelベースだから厳しいでしょう。もちろんSAPやBIに強い興味があります。集計なんかに時間をかけていられない、分析したい。先週取ったアクションに対してどうしてこういう結果になったのか。それは想定の範囲内か、それともどれくらい想定から外れて、取り戻すことは可能か、どんなアクションが有効か関係者と討議したい。

でも即戦力にはほど遠い。就職するだけで精一杯だったんだ。必要な経験を正しく積み上げることができなかったんだ。能力が足りなかったと言えばそれまでだけど、悔しいよ。もう数年遅く産まれていたらなぁ。悲しいけど、これ戦争なのよね。

Linkedin

Linkedinに登録したら早速、リクルーターからアポが2件来た。職種などの詳細は会ってからだけど、あの様子からどちらもFP&Aだと思う。まずは話を聞いてみる。会うことで自分のキャリアを整理する。

片方は外国人なんだけど、英語でのインタビューきついな。嬉しいんだけどね!

詰んではいないけど

おかげさまで2017年の査定は高い評価をいただけました。ただその後が、分かっていたけど、僕にはとても厳しい悪魔の質問。

今後、どうする?
この会社で何をやりたい?

経営企画、管理会計、品質管理。いくつかの会社で15年近く働いてきて、便利な何でも屋になってしまいました。最初に入った会社がオーナーによる典型的な中小企業で、それが失敗でした。6年過ごした経営企画の上司は素晴らしかったけど、今振り返ると会社の規模も小さく、業務内容が浅くとてもショボかった。最初の就職に失敗してしまうと、遅れを取り戻すのが大変。

そしてここ数年、何となくヤバいぞヤバいぞって思いつつ、ミスったよなぁ。キャリアの柱が無い。経営企画とは言っても中小企業のシンプルメソッドだし、いかにビジョンを共有して各部門の協力をもらうかが肝でした。政治的な立ち回りや組織力学の概念を理解できたのはよかったですが。

それに管理会計とはいえKPIや商習慣はいずれも業界独特のものでした。まぁ予算の組み方の根底はある程度は共通していて、経営企画とともに事前の根回しを行う点は変わりませんが。あとExcelを覚えられたのはよかった。変数セルを用意したパラメーター変換でのシナリオライティングとかは打ち合わせで重宝されます。それとショートカットがこんなに便利だったなんて。マウスを使っていたら日が暮れてしまう。

品質管理は、まぁまだ1年ちょっとで、ひよっこです。もう1年はやりたいですね。その先どうしよう?

やりたいことが何でもできるように、できる限りのことはするぞと言ってくださる上長。会社内でもそこそこのポジションの方で、本も書いてるし、大変立派な方で、仕事をご一緒できるのは喜びです。ありがたい。月1ペースでライトに業務の棚卸し面談をお願いしました。それとLinkedinに早く登録しろ、と。ヘッドハンターにもどんどん会え、社会が必要としている人材と比べて、自分の選択肢を増やせ。自分の強みを知る。そのうちやりたいことも定まってくる。やりたいことに足りないものを知って補うんだ。

分かってる。そんなこと分かってるんだよ。分かってるよ。